20180702

なんか知らんが圧倒的に疲れている。脚と尻が謎の筋肉痛でしんどい。ガニ股じゃないと歩きづらい(ガニ股のガニって蟹なのね)、ガニ股の女の子結構う~んだから嫌だけど反面別に誰にも会わねえしな~みたいな気持ちにもなる

~~~~~~

なんだか今気持ちがしんどい、わたしって超子どもだな~~~と思う、社会にすら出ていないので当たり前なのですが!!!!!!!!自己中心的すぎますかね?でもほかの人に合わせて余計なお金を使ったりするのも変ではないですか?まだ学生なのに

先日遊びを断った彼女らの会合は日付が変わったらしいが日付が変わったけど来る?という問いもなく、まあ純粋にいきたくないんだろうねということで話がついたんだろうけど、え~なんか悪口とか言われるんですかね?みたいな気持ち、言ってもいいんですけど、本当の気持ちだけ呟くアカウントみたいのをお互いフォローしている中でそういう軋轢が生まれたらまたアカウントが必要だね、たいへんだよねーみたいなね、わたしは彼女らを心中で馬鹿にしているので割と最低なんですよ、別に誰と付き合おうがどういう遊び方をしようが彼女たちの自由なんですよね、だから直接意見はしないしただ一人で(しょうもな)と思っているだけで誰かに話したりはしてないんですけど、自分はつまんねー奴だなと思う、彼女らは十分かわいいのに上ばかり見て自信喪失していて、足るを知るっつう言葉があってだな~と思うけど、そこで足りたいかどうかもまたその人次第なんですよね

~~~~~~

高校時代の二個下の後輩に学祭に来てくださいよ~と誘われたんだけど、わたしもう高校には行きたくないから素直に「もう高校にはいかないって決めているから、代わりとなっては何ですがお茶でもしましょう」と言ってしまった、わたし、ほかの人よりはその子と若干仲が良かったように思うけど、別に何度かラインしてそれきりだったし、彼女はわたしに会いたい様子だったから、なんか不思議だな~~と思った、わたしも二個上の先輩は神様みたいに思っていたことがあったけど(中学時代)、3年になるころには割と忘れてたし、なんだか不思議ですね

わたしも義理というか、同級生が頑張っているから、とかお世話になった先輩が出ているから、とか、そういう応援やありがとうお世話になりました/なってますの意を込めて人の演劇だとか出し物だとかを観に行くことあるんだけど、結局そこは思い入れの差なんですかね、、、彼女と学校祭という場で話したいことが浮かばないし、先生方に会っておくのはいいかもなあ~と思ったけど、やっぱり便りのないのは元気な証拠じゃないけど、今がうまくいってない人間ほど母校とかに顔を出すって勝手に思っていて、だから高校時代も学祭に来る先輩のことを(あ~あまた「大人になった私」を見せびらかしに来てるんすか?)とか(先輩大学で友だちできてないんすか?)とかすごい嫌な目でずっと見ていて(嫌な奴だ)、自分自身が自分をそういう目で見ているし、大好きな先生も転校していないし、全然行く気が起きない、、、彼女が呼んだって言っても、わ~お久しぶりです~!で終わりなの、わかるしね、、、そう考えるとごはん行っても何話すんだかっていう感じでもあるなあ

~~~~~~

逆にわたしが後輩でサークルの女の先輩とふたりでごはんに行ったことがあって、割り勘するのに万札しか持ってなくてまとめて出そうと思ったんだけどたしか先輩も大きいのしかなかった、、、んだったかな、とにかく「今日は出すつもりで来たし」って全部出してくれて、今思うと帰る途中でコンビニ寄ろうとした時いいんだよ~って止められたけど無理やり行ってでも返せばよかったな、、、とも思う、そんなに会わないのもあるし彼女は今就活などで忙しいというのもあるけど、あれ以来なんとなく疎遠な感じがしている、ハア、、、、まあ無理やり返すのも失礼だと思うけど、奢られるのがマジで苦手、人の好意を相手の気持ちいい形で受け取るよりも自分の不快感を払しょくすることを優先してるんでしょうね、うちはマジで子どもだなあ、彼女が不快感を感じてるかもしれないのは別にそこだけではないと思うけど

~~~~~~

せんぱいのとこも学祭が終わってひと段落したようで、さっきラインしててなんだか謎に機嫌が悪くなった(?)かわからないけどまあ眠るといったのでそのまま返事しないで眠っていただいたんですけども、う~~ん、自分のとこの子供たちが頑張っているのを彼女にも見てほしいってなんだか、まあわからんでもないがって感じだけど、わたし的には生徒の立場からしたら「え~、普通彼氏の勤め先になんか来たくないよね、アピールしてるみたいで」って思うと思うので絶対行きたくない、「うちの生徒は素直な子が多いからね~」というのは「おまえみたいにねじくれた子たちじゃないからね~」ということだったんだろうか、、、と思ったけど、せんぱいはそういうねじくれたことを言う人ではないので、たぶん違うと思う

~~~~~~

まあ、働きすぎなんですかね。学校のこと、バイトのこと、せんぱいに会いたいけどまだまだ会えない、とか、そういうじわじわとしたストレスがわたしににじり寄ってきているんでしょう、最近昔のことをよく思い出すんだけど、学祭の流れで生徒会みんなでご飯でも行ってみようかしらんという気になってぐるちゃを探したらわたしは前回友だち整理した時にぐるちゃ抜けていて、あ~あもうめんどくさ、閉会式で号泣したのとか恥ずかしくて地に埋もれたいしやっぱ高校の人とか会えんわとなってすっかり会う気が失せた、1度会おうが2度会おうがどうせ今後の人生でほとんど会わない人たちなので、逆にだからこそ会ってもいいともいえるけど、会っても会わなくても大して変わらんということだ、彼らと話すべきことが何もない、一人はマシンガントークで一人は鬼イキりで、みんな全然変わってないんだろうな~っていうただそれだけだと思う

本当はせんぱいに超会いたいけど会いたいな~って文字にしたり言ったりすると超かなしくなるから言わないでいた、かなしくなるのってしんどいですよね、気持ちを波立てず一日一日を淡々とこなしなるべく何も考えず寝る、だから昔のこと思い出すのかなあ、何も考えないから、、、小学校の頃同級生だった男の子をわたしは何かの機会に泣かせてしまったことがあったはずで、彼のお父さんは4年生くらいの時に亡くなってしまって、「○○君、泣いてた」とお葬式に参列した先生の言葉と彼を泣かせたときの泣き顔を思い出した、げんきかなあ、背、伸びたかなあ

人の気持ちを考えないで自分の言いたいことを言いたいテンションで言うの、全然よくないんですけど、人の気持ちってわからないじゃないですか。こうかな?と思ってぴったりフィットすることもあればそうでないこともある、そうでないことばかりが重なると「あ~もういい、おれはおれのやりたいように生きるぞ」となるけど、わたしはいつからこうなったんだろう、そうでないことばかりが重なっていたんだろうか、わからないなあ、わたしのこれからには友だちと呼べる人がほとんどいなくなるんだろうな、なんでせんぱいはわたしのことが好きなんだろうな、、、