20180426

別に今考えなくてもいいことだが 考えないと具合が悪いので今考えておくことにする。

先日も書いたような気がするけど、小学校からの付き合いで高校ぐらいから距離を置いている女の子(以下A)とごはんに行くことになってしまった。中学時代同じ部活だった共通の友だち(以下B)がツイッターで「誰か俺と飯に行ってくれ」と言っていたことにふたりとも反応したことがきっかけで、Bは今不登校気味のようである。人生に悩んでいる様子。

わたしは真っ先にBに「ごはんいこうよ~!」と声を掛けたかったんだけど、絶対Aも乗ってくるなーというのが目に見えていたので、あえて何も言わないでいた。案の定Aが発言していないわたしのことも話題にあげて三人で行こうよ~と言っていて、わたしもBのことを気にしているのにこのまま見ないふりをするのもな、、、Bに申し訳ない、、、と思って、Aのリプライはスルーして「今度焼肉でも行って元気になろうの会、しようね」とリプライした。そしたらAからリプライが来て、会話の続くような内容ではなかったからそれもまた無視してたんだけど、とうとうぐるちゃが作られて、時間を置いて苦悶の表情で参加、彼女の迅速な決定により日取りとお店が決まってしまったわけだけど、さっそく楽しくなさそうな雰囲気で後悔気味である

この件においてわたしはず~~っと文句たらたらであるが、全面的に悪いのはわたしである。わたしはAに「お前のこと好きじゃないから会いたくない」とはっきり言ったわけでもないし、そこらへんの感覚は人それぞれなので、結構はっきり示しているつもりでも受け取る側には3/1も伝わらないということが全然あると思う。なので結局のところ善人ぶってBにリプライなんか送らなきゃよかったのである。ま~~~反応しなくてもAから直接ラインが来たかもしれないけど。。結局Aと同じ大学・同じ沿線なのでエンカウント確率が高いから、気まずくなるのを危惧しているのだ、ずっと。要するにビビっている。根が正直者なのか嘘をつくという概念もあまり浮かんでこない。母としゃべって愕然とした、そんな嘘のつき方もあるのか!と、、、わたしにはせいぜい直前に親族を殺すくらいしか思いつかない、、、

Aについてはサシの遊びに誘われてもず~~~っとはぐらかしているし最近すごいツイッターとかリプめちゃくちゃ来たりするけど結構適当に返したりスルーしたりしてるからそろそろ気づいてもいいだろう!とは正直思うけど、

①マジで気づいてない

②気づいた上で嫌われてるわけじゃないってことを確認したくて頻繁に絡んでくる

のどちらかなんだろうなという感じ、まあどっちでもいいんだよな、会いたくないっていうただそれだけのことなのよ

しかし彼女がわたしにモヤモヤを抱かせたようにわたしも彼女にモヤモヤを抱かせただろうなという覚えがたくさんある。彼女に彼氏ができた時「わたしの好きな男より全然かっこいいな~!」と言ったこと(なぜそんなこと言ったのかわからないけど、どうほめていいのかわからなかったんだと思う)とか、小学生くらいの時、「わたしと最初に会ったときわたしのことブスだと思った?」みたいなことを多分聞かれて、聞こえない時に適当に「うん」とか言う癖のあったわたしは「うん」と返して、そのまま別れたんだけど、その時わたしは「わたしあなたと最初に会ったときあなたのことブスだと思った」と言われたんだと思って(適当にうんとか言ったけどえっなんでそんなこと言うの!?)と思った記憶がある。でもそのあと「あれ?もしかして聞かれたんじゃないか?」と思い直して、でもほじくり出すのもなあ、、、と思ってそのままにしている。。彼女からそれについて何か言及されることもないし、あやふやな記憶なのでどれが真実なのか定かじゃない。今ほじくるのもな、、、と思う

~~~~~~

彼女が一緒にいて楽しい人になってたとしても、わたしが彼女に言われた/されたモヤモヤエピソードはわたしの中に永遠に残っているので、再度付き合いなおそうとはたぶん思わないんですけど、今回はBの生活の今後が懸かってるので、AがどうであれわたしはBを徹底的に慰めたいし必要とあればハッパをかけたい。ていうかわたしとしてはAがそれでもなおわたしとコンタクトを取ろうとしてくることがマジで信じられませんけど、それはさておき。。

Bは今「俺はバイトもしてないし家に金も入れてないし成人してるくせに酒も飲めないし学校も行ってない、無能だ、、、」みたいな気持ちに沈んでいるわけなので、話を聞いた上でその気持ちに寄り添いつつも、自分のペースで一つずつ頑張ってみたらいいんじゃないかなあみたいなコメントができればと思うんですよね、酒なんか飲めなくたって生きていけるし大学生のうちはバイトしなくても生きられる、家にお金入れるのは就職してからだって遅くはないけど、でも学校に行けるのは今だけだから、起きるのつらいな~とかそういう時にちょっと頑張ってみたらいいんじゃないかなー、みたいな。。結局こういう気持ちの問題においては本人が本気で一念発起しないとどうにもならないと思うのでうちらが外野からなんやかんや言ったところで一瞬の慰みにしかならないことはわかってるんですけど、そうするしかないんですよね、たぶん。

でもそこでAは圧倒的にドヤるんですよね、本人も沈んでた時代があったからなのかよくわからないけど、「わたし?働いてるし自分のお金は全部自分で出してるしお酒も飲みに行くし詳しいよ~」みたいな感を出すんですよ、しかしこれは反省点、これステータス全部うちなんだよな、ステータス同じでもこれを全面に出すか出さないかだと思うんだよ、ああ、こういう話をするたびに結局「同族嫌悪」ってやつなんだろうな、、、と思って大変落ち込むんだけども

で、「は~~~俺なんてもうだめだよお」って言ってるところに「まあわたしもここまで戻れたんだしあんたも大丈夫よ」みたいなことを無責任に言うじゃないですか、たぶんBが欲しいのは「共感」じゃない!?って思う、彼女は圧倒的に自分の話をしすぎる、A:B=7:3になることは請け合いナシ、ちなみにわたしはこの場合喋らずニコニコして場を過ごします、前回もそうだったはず、、、記憶があやふやだけど、3人でお茶したときももう会わねえと思って解散したはずなんだよな、わたしはほんと、ダメな奴よ、、、ノーが言えない、早く引っ越しか就職してLINEもTwitterも全部ブロックしたいなあ

この場合の最適解は実際その場になってみないとわかりませんが、Bが飲まないならわたしも同じフィールドに立ちたいから飲まないし、Bが望む楽しみ方をできるようにシフトできるといいですね。たくさん色んな事を聞くとかね。がんばろう、、、最悪だんまり決め込んで肉をもぐもぐすればいいし、、、

~~~~~~

さて明日からわたしのGW、先輩のおうちにまたも旅立ちます、いってくるよ~~、たのしみ!それでは!!