学校のことと先輩のこと

今年に入ってから単位がまずいのでちゃんと学校に行ってちゃんと授業を受けている。できうる限り遅刻せず、できうる限り最前列に近いところで受けている。適当な服とすっぴんで家を出ることが増えた。大学にきちんと髪を巻いてきちんとアクセサリーをつけて来る人々のことをほんとうにすごいと思うけど、わたしにはせんぱいがいるし、大学でせんぱいに会うことはないから、いつも手を抜いてしまう。問題はほぼない。

昨年まで授業を一緒に受けていた友だちはついに友だちが二人になって三人ならんで授業を受けている様子。入学当初「ほとけしか友だちいないよ〜」と言っていたからよかった。挨拶だけして去る。さみしくなくはないけど、彼女はいい子だしわたしはひとりでも大丈夫なのでこれで良い。最前列に座る。通りすぎる人、みんな春色を着ていていいなと思う。わたしはカーキ、春夏秋冬いつでも着れる。すっぴんにダル着だけど、ひらひらのパンツを履いている。

今日はせんぱいに会いに行く。浮き足立つ気持ちを押さえて授業を聞く。9時間後のことを思ってメモを取る