20180123

①生活に何も不安がないということが逆に不安、みたいな気持ちがずっと続いている。高校時代と違って自分の身を置く場所を自分で選んでゆくことができるというのは、なんというか果てしなく"自由"という感じだし、寝坊しても誰にも怒られないし、という環境はとてつもなくぬるま湯ですなわちサイコーなのだが、自分で自分を律する気持ちを持てないと死ぬほどダメな人間になっていくよな ということがこの一年間を通してわかった。こうして文章にすると当たり前のことのような気もするんだけど、体感すると(これはマジだな、、、)という実感がすごい。この一年嫌な思いをした記憶が全然ないし(せいぜいバイトでイラつくぐらい)、これまで嫌な思いというと大概が人間関係のことだったのに、いつの間にか嫌いな人間がわたしの側からいなくなって、誰一人として嫌いとか近寄りたくないと思うことがなくなった。正確には近寄りたくない人もいるんだけど、そういう人には近寄らないから人間関係が形成されることもなくなって、結果としていないことになってしまう。こういうことは今までなかったから一年が経ってもなお戸惑っているし、このまま社会に出たら危険だとも思っている。そういう意味では、小中高の嫌いな人とも関わらなければならない状況っていうのは、かなり貴重で有用なことだったのかな、、、と思う、まあ仕事としての関係と交友関係っていうのはまた別物だとも思うので何とも言えないけど、、、

嫌な思いをした覚えが全然ないと書いたけど、正確には大学入学したての時とか、バイト始めたての時とかはいろいろ不慣れなので苦労していたように思うので、別に全くなかったわけじゃない。平たく言えばまあ全部「慣れた」ということで、おおむねよかったこととして片づけていいんだと思うんだけど、、、どうにもモヤモヤが残る、順風満帆っぽいときに漂うこのモヤモヤの正体が一体何なのかわからない

②"やり残したことがたくさんある"的な気持ちもある。これは普通にやり残していることがたくさんあるのに今ブログを書いているからだと思う。具体的に言うとテスト勉強。一番しなくちゃいけないことがあるのにそれから逃げてしまうのは人間の常だよね!!!!!!と思うんだけど、それを許してはいけないよな、自分に甘すぎる、、、でも春休みちゃんと働くことにしたから、"多少甘い"くらいで済んでいるような気もする、わからないけど

③なんだかここ最近ずっと、ソラニン的に言うと"だらっとゆるい幸せ"が続いてる感じなんだけど、それがかえって不安で、あれ先輩死んじゃうんじゃないか?原付乗って泣いてたら交通事故に遭って死んじゃうんじゃないか?みたいな気持ちになってくる、まあ先輩は原付乗らないしバンドもやってないから大丈夫だと思うんだけど、たまに先輩が死んじゃったらどうしようとかそういうことばっか考えてむちゃくちゃ泣くときがあって、今ピル飲んでて大体そうなる時期決まってるからそういうことなんだと思うんだけど、逆に言うと先輩のこと以外で落ち込むことがなくなって、それもそれで怖い、先輩がいなくなったらどうなっちゃうんだろう、まあどうにかやるんだろうけど、それが結構恐ろしい

生活に苦痛や嫌悪やそのようなマイナスなことが伴わないと、自分の内面に向き合う時間も全然なくなって、定期的に自分のその時々の気持ちだったり考えていることだったりに向き合う時間が必要なんじゃないか、そういう時間がわたしを形作っていて、そういう行為が気持ちの整理整頓みたいになってたんじゃないか、と思うんだよな、今何となく腑に落ちたからたぶんそういうことなんだけど、バイトと学校とたまにデートとたまにお出かけと、みたいな生活の中で、自分の過ごしてきた時間を振り返るためにほぼ日買って日記書いてたのに「昨日はバイト。特筆事項無し」「昨日は学校。特筆事項なし」みたいな日ばっかり続いて、まあひねり出して書くんだけどどちらかというと「こんなことがあった」くらいで自分がこう思ったっていうのは全然書けなくて(思い出せなくて)、心がとっ散らかってる状態なんじゃないかと思う、「あ~~これやりたいな」って思ってることとか昨日こう思ったなってこととかこれ考えたいなとかお金稼がなきゃとか将来のこととか明日のテストのこととか部活の追いコンのこととかもういろんなことが積み重なって、自分の気持ちよりも目の前にある何かのことを考えなくちゃいけないことがどんどん増えてしまったのではないかと思う、友達が「バイト行って学校行って家帰って寝るみたいな生活がふつうなはずなのに、生きてるんだか死んでるんだかわからなくなる」みたいなことを言ってて、もしかしたらこれがそういうことなのかもしれない、確かに生きているんだけど、高校くらいの時の方が身を切って生きてるみたいな切実さがあったような気がする、苦しいということは全力であるみたいなそういう、なんか詩的な感じになって気持ち悪いし楽な方がいいんだと思うんだけど、なんだろうなこの、これは。何かを一生懸命にずっとやり続けていたのに、急に何もしなくなったからぼんやりしてんのかな。中高部活やってなかった人とかってどうやって生きてたのか気になる、何を考えて何を思って暮らしていたのか、、、、

④前述した「やりたいこと」の一つに「今年の目標を決めること」がある。昨年は大学入学前で希望に満ち満ちていたこともあって、やりたいこととかをたくさん考えてほぼ日に書いてて、わたしはそれを読むたびにそのたった一年前のわたしが書いた文章の瑞々しさに思わず目を細めてしまうような気持ちを覚えるんだけど、今年はそんなことする気力も起きず(だって行きたい場所をたくさんあげても行けるのはそのうちの2~3箇所くらいだってことを何となく知ってしまったから)、いつの間にか1月が終わろうとしている。"年を取る"ということは、何をするにも腰が重くなったり、億劫だと感じることが増えることなんじゃないかと思い始めた。わたしはまだまだマジでピッチピチの若いギャルだけど、どんどんハートにヘドロがついていくというか、フットワークが重たくなっていくのがわかる、整体に行くとかまつげパーマ掛けるとかそういう手軽な、生活圏内でできることなら結構いけるんだけど(お金さえあれば)、遠出となると億劫になってしまう、、、あと頑張って働いたのに一回で五万とか使うと思ったら全然旅行に行こうと思えなくなってしまった、旅行に行った先での楽しい体験っていうのが具体的に想像できないのもある、上野の美術館とかジブリ美術館とか行ってみたい場所はい~~~っぱいあるはずなんだけど、今じゃなくていいって感じ、お金が貯まれば貯まるほど使いたくなくなっていって、わたしはなんのためにお金貯めてるんだろう、、、ってなる、別に目標も決めてないし、今貯めたお金は必ずわたしを救うとは思うけど、でもこの体力と時間が有り余っている今、お金も身体も使わずにいることは、なんだかとてももったいないことなんじゃないかと思うわけなんですよね、、、

なんとなくネットでほしいもの探ししてしまうことってあるんですけど、同じことの旅行版をやってないからかもしれない。「ここに行きたいから行こう!」ってことがない、友だちに遠出しようって誘われても(別に一緒に行きたいと思わないんだよな、、、)と思ってしまう、高校時代の友達が訳あって大阪にいるので、ひとりでフラッと行ってごはん食べてじゃ!って言って一人で観光して帰る、みたいなことがしたい、そういうのはすごくかっこいいよな

⑤全然どうということもない話なんですけど、よく飯に行く男友達、むちゃくちゃ女にだらしなくて結構手ひどいことも言うんですよね、これ相手が女の子だったら絶対こんな物言いできんわ、、、と思いつつ言うんだけど、それでもキレたり関わりを絶たない彼、どうかしてるぜ、、、と思う、わたしは先輩を馬鹿にされると「あ?オメーよりよっぽどクリーンだわ」とぶち切れてしまうのに、、、、でもそこでいい奴とは絶対言いたくない、昔は彼らカップルが結構好きでしたがどっちも下半身脳みそ野郎なのでファック・オフです

⑥キレのある言葉を使うとおもしろいみたいな概念がわたしの中にあり、ファック・オフもそうだしなんというか一般的に言わない方がいい言葉たちなのですが、しかし言ってしまう。ハア、、、、もっとお上品になりたいしわたしは清楚系ビッチ(ビッチじゃないんだけど)を地で行きたいんですよ、絶対に外でクソとか言いたくない、クソはあんまり言わないんだけど、そういう「マジクソだよねー」「クソぴー」みたいなこと言ってるアホ女子大生になりたくない、それだけがわたしを奮い立たせている、、、、

⑦文章書くってめっちゃすっきりすんな!!!!!!!!!!!!※レポートを除く!!!!!!!!!どれもまったくもって大した話ではないですけどただ思ってることを垂れ流すだけでも最高に楽しいしすっきりする、心のデトックスやん、、、、!?デトックスと言えば便秘を解消するだけで己の肌がぴかぴかになったのでマジでこれはおすすめなのですが、慢性便秘野郎が恒常的に毎日、、、って結構大変なんですよね、なかなか難しい、、しかしこの肌触りを手に入れたらもう離したくない、、、肌のトーンアップ機能、甚だしいやで!

⑧もう話すことがない。ちょうど先輩とのデートまであと一週間くらいです、日曜日も会えるっぽいからまあどちらにせよもう少しですね、やはり生活が充実すると人間はつまらなくなると思うんですけど、それは己の内面にあまり目を向けなくなるからでしょうなと思いました、つうかわたしが他人の話す己の内面系の話が好きだったんだな、そういうことです、校正せずに公開します、読んでくれてありがとう!!!!!!