20170725

今日はバイトがハチャメチャに忙しくてたいへんだったんだけど、お昼の人が夜まで残ってたり、もうやめた人が応援で戻ってきてたり、なんだかオールスターズな感じがしておもしろかった。小さなお店なので社長さんも応援に来てくれて、一緒にお仕事した、社長さんとお仕事するの緊張するからやなんだけど、まあなんとか乗り切った、し、帰りにはお店で出してるお弁当持たせてくれて、わ〜〜〜〜んいいお店!と思った、たいへんな一日だけどみんな結構楽しそうに働いていたように思う、ただごはん屋さんに二時間とか並ぶ精神はやっぱりよくわかんないなあ、お客さんみんなすごい、忙しくてお客さんに「おつかれさまです!」って言っちゃって間違えた!と思って「ご苦労様です!」って言ったけどもっと間違えてるよね、つかれたけどよい一日でした、仕事終わりのげんこつメンチ、むちゃくちゃおいしかった

〜〜〜〜〜〜〜

最近囲碁部にいて思うのが、みんな女の人に慣れてないからなのかわからないけど、過剰に女扱いするというか、人間として扱われてない感じがしてすごいさみしい、合宿が今度あって、歴代の女子部員は参加してなかったらしく、「(参加するなんて)ほとけさんすごいね」みたいなこと言われるんだけど、たしかにひとりだと部屋代のこととかちょっと悪いかなとは思うけど、もうひとり女の子くるらしいし、わたしは囲碁強くなりたいし、合宿行ったことないから行ってみたいし、女の子少ない状況って行きづらいでしょ、って言われたけど、必ずしも同性の方が一緒にいてたのしいとか心地いいってわけじゃないんだよね、男の子の方がざっくばらんに話せてたのしいこともあるし、女の子の方が結構気遣う、なんかそういうとき、わたしは女である前に人間なのに!って思う、そんなことならわたしを男の人ということにしてくれよと思う、ていうか男の人にはそういう概念、ないのかなあ、わたしはもっと腹割って色々話したいしほんとはむちゃくちゃ猫被ってる今の状況をどうにか打破して口ワルワルのやなやつなわたしもどうにかうっすらとでも受け入れてほしいのに、いつまでもステレオタイプな女子を求められて閉口する、うう

ただ六回生の口からわたしを指す言葉として「女の子」が使われることに何とも言えない凄みというか(わたし、女の子なんだ!)という感慨とかも受けるからそれはそれでうれしいんだよな、その辺がむずかしい、女の子として扱われることもうれしいしそれを望んで男まみれの囲碁の環境に身を投じた部分もあるが、ステレオタイプな女、甘いものだいすきかわいいもの好き好ききれいな言葉を使ってかわいい服着てあぐらはかきません、みたいな感じだと思われるのは癪、だし、実際がまったく違うのでほんとに色々きつい、お祭りの話していて場の雰囲気としては「お祭りは人が多すぎるのでクソ」という感じだったから意見を求められたとき「目の前のカップルが自撮りしててむちゃくちゃ腹立ちました」って言ったんだけどなんかすごい静まり返っちゃって、(えっなに!?「や〜〜んでも楽しいじゃないですかお祭り、好きな男の子とふたりで浴衣着たりして!」とか言えばよかったの?えっなに?なんで?)と思ってすごいアルカイックスマイル浮かべてしまった、実際否定的な発言をしまくるのはよくないっていうのは友だちの前例を見ているのでわかるけど(最近好き放題言っちゃうからだめ!猛省してる!)、でもなんか、そういうとき、はは〜んわたしに求められてるのはそういうアレじゃないのね、って思っちゃう、色々きついなあ

今日は六回生にあえなかったな。毎日六回生に会ってるの結構イカれている。会えないとさみしい。土日はきらい。明日はバイトない!会える!打てる!うれしい!

明日むちゃくちゃ朝早いから寝ますね。は〜〜〜あ、色々頑張りましょう、いつか打ち明けたいなこう思ってること、おわります

広告を非表示にする