20170629

あんなに六回生キモい!無理!みたいな記事を書いておきながらなんですけど、六回生他先輩方と飲みに行くことになりました、でもなんか勝手に人集まらないから中止〜みたいになりそうでビビっている、決戦は土曜日なんですけど、気合い入れて友だちと街まで勝負服買いに行ったりして、すごい怒濤の1日でした、今日は

〜〜〜〜〜〜

音楽のサークルの方におしゃれな友だちがひとりいて、彼女とは大学で出会った人のなかでたぶん一番仲よしだと思うのですが、本当におしゃれで、これ合わせてみたらとか色々教えてくれて、アッこれ彼女なしには生きられなくなる奴や、と思ったりしました、すごくありがたいけど、これって彼女がこれまで勉強して築き上げてきたおしゃれスキルを都合よく使わせていただいてひいてはわたしもおしゃれになったろ、という一種の冒涜では?ある意味では泥棒では?と思って、なんだか今は彼女に申し訳ない気持ち、しかし彼女はなんでも率直に言ってくれるのでありがたい、本当に助かった、お店いくつか回ったんですけど、結局最初のお店でキープしてたシャツがかわいくて、でもワンピにするにはすこし短くて、うーんどうしたものかなと思ってたら店員さんが色々勧めてくれて、思いきって「実はデートなんです」って言ってみたら、「それは先に言ってほしかった!」って言われて、それからまた色々おすすめしてくれて、結局ベージュのビッグシャツを買いました、おすすめの着方はすてきなんだけどちょっとハードル高かったのと友だちがみんな羽織りのがかわいいよと言ったので羽織りにすることにした、視覚的にも金銭的にもむちゃくちゃハードル高くてどうかなってすごく迷ったんだけど、でもほんとに買ってよかった!ベルトもイヤリングもかわいいです、あとある程度予想ついてたけど帰ってから母親にボロクソ言われて(大体奇抜な服買ってくるとボロクソ言われる)すごい不安になって高校時代の仲良しだけ集めたツイッターのアカウントでむちゃくちゃこれどうかな?だめかな?って相談したんだけどみんなきちんと相談乗ってくれたしこっちのがいいよ、とかそれすごくいい、とか六回生落としてこい!がんばれ!とかすごい言ってくれてむちゃくちゃうれしかったし泣いちゃいそうになった、六回生から音沙汰ないんでどうなるかわからないですけど、きちんと開催されることを願うし、わたしがヘマしないことを願う、がんばれ、わたし!緊張しすぎず!

〜〜〜〜〜〜

そういえば大学入ってから7kgくらい痩せたんですけど、顎の肉ないね、痩せた?って友だちに言われて、わたし顎から痩せてんのかよと思ってちょっと笑いました、かつての自分との比較画像がないのでどうしようもない、、、

〜〜〜〜〜〜

買ったベルトもほんとに便利で、あーわたしこれベルト使えるようになったら百人力やな!という気持ちです、ずっと見えてもいいベルト持ってなくてできないコーデとかあったから、、、、ハイウエストとか、、、

あとわたしキャップめちゃ似合う、し、今日ショーパンと肌色ストッキングで初めて出掛けたけど、案外許されたので、あっ、わたしってきちんと女していいんだ!とか、色々思いました、すごい革新的な1日だったな、知らないわたしをたくさん知った1日だった、六回生に褒められたらたぶんうれしくて死んじゃうと思う、問題はオタクたちが受け入れてくれるのかということと、きちんと開催されるのかということと、わたしちゃんと話せるのかってことです、ほんと、緊張だけど友だちにむちゃくちゃ謝ってライブキャンセルさせてもらったくらい一世一代イベントなので、がんばらないと、、、、

好きな男の人にきちんとアピールしてそれが実現するって冷静に考えて自分の人生の中では本当に物凄いことだと思うし、今はやっぱり一世一代っていうか、本当にすごいことだ、こんなチャンス滅多にない、って思ってるんだけど、気になる人ができるたびにそういうアピールが自然にできるようになっていけば、チャンスが巡ってくる回数も増えそうだし、ほんとに好意の表明って大事だなっておもいます、ブログやってなかったらたぶんその概念に巡り会えてなかったからほんとうによかった、5月にふっと「先輩にLINEしてみようかな」って思った自分をむちゃくちゃに褒めたいし、ほんとによくやったな、って感じです、偉すぎる、褒め称えたい

〜〜〜〜〜〜

今日は興奮のせいか眠れないな、眠いんだけど寝たくない、明日バイトなんだけど大変そう、月末だし金曜日だし、、、、

今日の夢、六回生が知らないきれいな女の人と一緒に買い物してて、彼女ですか?って聞いたら、女ではこいつ以外考えられないって言われて、ショック受けて、自分磨きしなきゃ!ってなる夢だったんだけど、なんか超リアルで、だからなんと言う話ではないが、今日は六回生に会えなかったから、会えたら「今日先輩が夢に出てきたんです」って言いたかったな、って思った、わたし先輩のために冷や汗かきながらちょっと恥ずかしい思いもしながら服買って先輩のために1日だけネイルもして先輩のためにメイクもあれこれ考えていこうとしてるんですよ、わかってますか、だから土曜日は覚悟しててください、普段とは比べ物にならないくらいかわいいわたしを、とびきりかわいいわたしを、先輩だけに見せるから、だから、覚悟しててください、おわり、おわり、おやすみなさい