20170626

深夜です。なんだか全部急に嫌になってきた、六回生、すき!って気持ちが薄れてきたなと感じられた辺りから暗雲立ち込め気味だったんですけど、今日囲碁の一年生みんなで遊んで、カラオケ行ったりして、でもあんまりたのしくなくて、あ〜、わたしの正式な居場所はここでもないのかもなあ、とか思った、女の子あたし含め同期に三人しかいないんだけど、もう二人はオタクで、ひとりは腐女子ではないんだけどスキンシップが激しいタイプのオタクで、そういうの苦手で、カラオケ終わってみんなでどうする?夜ご飯いく?みたいになったとき、なんかみんな乗り気でなくて、なんとなく解散になって、男の子はみんなでアニメグッズ見に行って、ぱらぱらと帰って、その苦手な女の子とその場にふたり残って、彼女遠方から来てるからもっと街見たかったっぽかったけど、彼女とふたりで街を歩くことに価値を見いだせなくて、夜ご飯いきたい!ついてくー!って言ったら別に男の子たちと行けただろうけど、男の子たちにそこまで興味もなく、その苦手な女の子と並んで男の子たちとごはん食べるの、きついなあ、と思って、帰ってきたんだけど、そういう自分にとって損か得かで物事を考えるのあまり芳しくないよな、でもお金のかかることだし優先すべきはやっぱり自分の楽しさだよな、わたしは別に今他人を楽しませるために生きてる訳じゃないし、等と思ったりしました、久々に家でまったりする時間がとれて、部屋の片付けもすこしできて嬉しかった、あっ、休日〜!って思った、うーん、でもなにかこう、残るな、モヤモヤが、そもそもみんな気づいてるだろうけどその一年生だけのぐるちゃに入ってない一年生もいるし、なんていうかド地味なサークルなのでコミュ力0.5みたいな子もいるんですよね、うまく輪に入れてない人をみると、そんでそれを見て見ぬふりする自分を省みると、すごいモヤモヤだったり申し訳なさだったりなんとも言えない気持ちが募って、気持ちが落ち込みます

〜〜〜〜〜〜

あと六回生へのすきが薄れてきたのは、六回生があまりにも就活適当で、あっこいつまじで将来のこと考えてねえんだな、と思って、なんか、あ〜〜、だめだなこの人、と思ったからでした、囲碁はわたしこれからもすると思うしすきだけど、でも、音楽サークルも囲碁サークルもたのしくなくなったら、わたし何を支えに大学いけばいいんだろう、ってなってくる、六回生がだめなのなんて始めからそうだったのに、今さらすぎますね、なんというか、顔はかっこいいけどね

思ったんですけど男の人って結婚することに対してメリットが少なすぎませんか?身の回りのことしてもらえるとかさみしくないとか色々あるかもしれないけど、自分が頑張って稼いだお金をぶんどられるわけで(全部ではないけど)、それだったらなんか、結婚しなくてもいっか、ってなりそうだし、ましてや女っ気ない男の人だったら、おれが結婚なんて!って思ってそうだからもっと考えなさそう、将来家庭を持つとか考えてたら就活適当になんて絶対しないだろうし、まあ、先輩の年になったあたしが結婚のこととか将来のこと考えてるかなって考えたら凄まじく微妙なんでちょっと責められないですけど、うーん、先輩が遠いところにいっちゃうのはさみしいな

〜〜〜〜〜〜

あと一年生会で思ったのがわたし、男の人を舐めすぎ、許してもらえると思ってちょっとわがまま言ったりしすぎな気がする、ほんとだめ、こういうの女から見てたら超ウザいしね、あともう男の子全員常に品定めるみたいな感じあってそれもやめた方がいいなと思った、もしかして好いてくれてんのかなと思う人、同級生と先輩にひとりずついるんだけど、どっちもまったく興味持てないし、ごはんごちそうしてもらったり漫画貸してもらったり、そういう恩恵ばっかり受け取って、あたしやなやつ、と思いながら、こうやって外に文章にして出すとマウンティングみたい?とか思ったりして、なんだか嫌です、本当に嫌、授業で仲良くなった男の子、付き合えそうにないと見るやすぐLINEの返事も遅くなったしほんとになんというか引くな、、という感じで、一応今も三人ならんで授業受けてるけど誰もこの感じ望んでないのでは?と思うし、もっと仲良くなりたかったけどできなさそうだし、男女の友情なんて幻想だなあ、と思う、この前三人で並んでるときわたしなんでこの人たちと一緒にいんのかなと思ってなんだかかなしくなったりした

〜〜〜〜〜〜

どれもこれも深夜だから落ち込むんだってことにしたい、あした学校いって六回生に会ってすなおにうれしくなれたらいい、もういっそ好きじゃなくなって仲良くなれたらもったいい、音楽サークル、たまに顔出してみようかな、うーん、うーん

〜〜〜〜〜〜

そんな感じでした。もやもやがつらかったから書いた、明日からもがんば、らなくていいや、自分の楽しさ優先でね、生きましょう、おやすみなさい

広告を非表示にする