20170531

昨日は音楽サークルで勉強会をしたあと囲碁研に行って一局打ってきました

音楽サークルはもうだめだ、なんにも楽しいと思えることがなくなってしまった、意識が高いというか、その、かっこいいことをしたい、かっこいいものをつくりたいって気持ちはわかるし、きちんと嫌なこともやらないとたのしくはならないってわかってはいるんだけど、少なくとも今は主導に立つみたいなこととか働く的なことをやりたくなくて、ただぼんやり突っ立ってたくて、働くことを求められるのが嫌で(金銭が対価の労働は別だけど)、まして最近入ってきた学年は同じだけど一個上っていう女の子がなんか嫌で、原因はなんというか高校時代の嫌いな女に顔も喋り方もキャラクターも似ている、とか、先輩に媚びる口調が気持ち悪い、とか、わたしと友だちとその子と三人でいるとあんまり喋りたくないからわたしは他のことをするのだけど、友だちは誰とでも仲良くできるので持ってかれてしまう、とか、色々考えられるのだけど、どれも一番!ってことはなくて、なんというか、それぞれが20%くらいずつ蓄積していった結果なのかな、と思った、デキる自分とか忙しい自分をアピールしてくる女っているよな!って思ってるんだけど、それは私自身ができない自分を実感させられるから嫌なだけなのでは?とも思う、他人の能力を正当に評価できない自分は嫌だな、と思うけど、そもそもの印象がよくないからだめなんだと思うので、まあ、しょうがないことですね

あと先輩方がやること純粋に(えっマジ?ダサくない?)と思うこともあってわたしは、わからない、おしゃれの概念が、わからない

〜〜〜〜〜〜〜

このことを思うと囲碁研にいるときのあたしは媚びてて気持ち悪いなって他の女子部員に思われているのかもしれないし、見え見えの好意は他の同姓から見ると不快感を呼ぶことが多いように感じていて、そこら辺のバランスがむずかしい、まあ囲碁はほとんど男の子しかいないから別に、いいんだけど、うーん

〜〜〜〜〜〜〜

囲碁から帰るときにイケてるめな先輩ふたりとその子と友だちがいて、お疲れ様ですって言っても聞こえてなかったみたいで、あ〜たぶんこれから飲みに行くんだな、と思って、もうイケてるめな先輩になんの好意も感慨も抱いてないので、深夜のグループ通話も飲みもごはんも勝手にやってくれ、わたしはわたしの道を歩むぞ〜!というきもち、好きな音楽は同じはずなのになあ、うまくいきませんね

〜〜〜〜〜〜〜〜

囲碁の方はどうだったかというと、部でいちばん強い一年生の男の子とずっと打ちたいな〜と思ってたらたまたま空いてたので打てて、すっごく褒めてくれて、才能あるよって言ってくれて、むちゃくちゃうれしかった!!!!笑、六回生も他の先輩もみんなべた褒めしてくれて、なに?騙されてる?と思うくらい、だった、囲碁にはペア碁というのがあるらしくて、男女でペアを組んで大会とかで戦う碁らしいんだけど、わたしがもし六回生と19路盤(普通の碁盤)で五子(囲碁は予め石を置くことでハンデをつけます、これはつまり5個石を置くということ)で打てるようになったら、ペア碁誘うわって六回生が言ってくれて、わわわわわ〜〜〜〜うれしい!!!!ってほんとに思った、二年生のきれいな女の先輩より基本がしっかりしてるって、なんだ?やっぱ騙されてない、、、?

でもほんとに、最初は(あっ無理だわ、わたし向いてないわ)と思ってたし、入るのも迷ってたし、六回生いなかったら絶対入ってなかったから、六回生がいてくれてほんとによかったし、囲碁はじめてほんとのほんとに、よかったなって思います、たのしい!

 ~~~~~~~

以上今日の授業中に書いた記事でした。金曜日からバイト三連勤なのでひいひいです、こわいよ~~、、、、がんばらないと、その分明日はたくさん打つぞ!6月中に19路、いくぞ!!!!!!!!

今日のところはそんな感じ、おやすみなさいませ