20170529

六回生含む先輩方とらーめんを食べに行った、ごちそうしてもらった、六回生、一年生に強い男の子いるんだけど、その子の他には一年生とご飯行ったことないなあって言ってた、先輩とおんなじらーめんをたべた、おいしかったけど味玉だいすき人間なのでたまごがなくてすこしへこんだ、半袖であたたかく過ごせたけど夜は寒かった、みんな部離れできてないのかわからないけどOBの人がよく来るので六回生が敬語を使っているのを見てなんだかふしぎな気持ちになった、六回生って唯我独尊すぎてやだなって思ってたけどそうでもなかったんだなって今日思った、「いまでもヘボいけどおれあのときはもっとヘボかったからさ」とか「このゲーム唯一おれが部でいちばん強いゲームなんだ」とかさ、あなたってそんなに謙虚な人だったっけ、ってなんだか、思った、先輩はちっともヘボくないのに

あと六回生に「ほとけさんもらーめん食べに行く?」って聞かれてぜひ!って言ったちょっと後に六回生と目があって、なんだか目が離せなくて、若干キョドっちゃって、「どうかした?」って言われたとき、(ひっ、こわい)って思ったんだけど、今思うとまあ怪訝だったかもしれないけどこの女はおれのことを見ているという認識づけにもなるのでいいのかな、と思った

そんな感じでした、らーめんの話は、まじ他人に気を遣えないというか気づいてはいるのにうまく言い出せなくて(ティッシュ1枚もらってもいいですか?って隣の人にこっそり言っただけなのにみんな静かにするんだもの、いいよ!喋ってて!ってなる)、ほんとに、わたしはだめだなあって思った、ごちそうしてもらう側なんだからがんばらないとだめよね、猛省している、先輩にお菓子も結局あげられなさそう、なんか気を遣いすぎたらそれはそれでめんどくさい後輩っていうか気を遣わせたら悪いなと思われて誘われなくなりそう、わたしは先輩とごはん行きたいんだよ!!!でも奢られるのは苦手なの!わかるか!先輩に正直に奢られ慣れてなくてどうしたらいいかわかんなくて、って素直に言えばいいのかな、うーん

〜〜〜〜〜〜

あとパスタソースくんと荒療治くんのツイッターフォローしたんだけど荒療治くんのツイッタード面白いし過激だしサイコー、仲良くなりたみが急加速した、ははあ、遊びにいきたい

〜〜〜〜〜〜

六回生の今日グッと来たポイント、謙虚なのと、噺家的に話がうまかったエピソードと、たべる前にいただきますってきちんと手を合わせてるの見たのとごちそうさまでしたって店員さんに言ってるの見たの、でした、あっちゃんとした人なんだなあと思った、髭の剃り跡といつも長袖のせいで見えていなかった腕ばかり見つめていた

〜〜〜〜〜〜

そんな感じ。どうしたもんかなあ、とりあえず今日はねむります、おやすみなさいませ