20170521

六回生を本気で落としたいのだけどどう考えても術が思い付かない、彼に認めてもらえるくらい囲碁が打てるようになりたいけれどそれって女としての好き嫌いとは別だし、六回生の好きなアニメとか漫画とかの作品をひたすら追い続けるのも悪くないけどそこからどう発展するのかという話だし、適当なタイミングで「先輩彼女とかいないんですか?」とか聞けばいいのかな?男の人としてあなたのことを意識していますよという雰囲気をどこかで出さないとダメだよね、そもそもこの六回生に抱いている気持ちは憧れなのか男として好きなのかよくわからないんだけど、憧れてないとすきになれないし、だから憧れ=好き、な部分もあって、うーん、うーん、むつかしい

今のわたしは六回生を落とすことそのものというよりも六回生を落とすという"ミッション"に目を向けているような気がする、うーん、でもそれはそれでいいのかな、だってすきだし、わかんないよ〜〜、わたし別に東大生と付き合いたいとか石油王と付き合いたいとか言ってる訳じゃないのにどうしてこううまくいかないかな、わかんないよなあ、なんでだろう、やっぱり"異性としてあなたのこと意識していますよ"アピールが足りないのかな、きっとそうだな、でも先輩とふたりきりになる機会あんまないし困った、うーん、がんばる、距離を急に詰めすぎるのもよろしくないと思うけど、あとあぐらかくのはやめる

〜〜〜〜〜〜

パスタソースくんに家においでよとか彼氏いないのとかほしくないのとか聞かれるんだけどわたし全然やっぱりパスタソースくんのことすきになれない、そんな感じなので彼は当然元カノも多い、彼のために早く別の女狙いなよという意味も込めて突き放してあげるべきなんだけど好かれてるのがうれしくてやさしくしたりちょっと気を持たせたりして遊んでしまう、サイッテー、サイテーだけどやめらんないんだ、なんとなく六回生はだめっぽいなってわかってるし、六回生がだめだったらおそらく大学生活中に新たな望みはないかもってこともなんとなく、わかっているんだな

〜〜〜〜〜〜

コンタクトに変えて大学入ってすこしか見た目ましになったと思ったしなんていうか男の子との付き合い方も上手になったかなって思ってたんだけど、そうでもないのかなあ、いやまてまて元気だせわたし、眼鏡のままじゃたぶん声かけられてないしすごくない!?全然趣味も人間性も合わない人でも言い寄られてるのすごくない?すごいよね?すごいよ、大丈夫、だから大丈夫、おまえってすごい!あと六回生はなんというか、たぶん大丈夫、全部大丈夫、よしよしよしよし、よしよしされてえよなあ、六回生に、よしよしされたいね、なんだか顔が思い出せないね、ははあ、がんばってるからもうがんばらなくたっていいよ、よくやってるから、よくやってる、大丈夫、男の子たちに囲まれてやさしくされるのたのしいよね、自分を無条件に許してくれる場所でしかしっかりと生きられないのではないかと不安になるね、実は無条件に許してくれてるわけではないということも本当は知っている、何だかいやになってくるな

〜〜〜〜〜〜

自分をなぐさめるための文章でした、5つ上の男の人は果たしてわたしのことを女としてみてくれるのだろうか、