20170505

精神的にぐぬぬと来たときはスマホから適当に更新してしまう癖がある、昨日も例外ではなかった、昨日の詳しい話をしましょう

~~~~~~~

昼過ぎに起きてサークルに行った。昼下がり、むわっと暑いバスの中でイエモンの天国旅行を聴きながら学校に向かうのはとっても気分がよかった

です。天国が、すきい、

キャンパス内も全然人がいなくってビビった、ダーツクラブのダーツを打つピコン、ぱすん、ピコン、ぱすん、という音だけ文化棟の中に響いていて、部室に近づくにつれて重低音が響いてきて、イヤホンを外して、部室に入って、先輩がねむっていて、前日にも会った友だちがDJの練習をしていて、わたしはレポートを書いて、先輩とコンビニに行って、フラッペを飲んで、など、した、わたしはそのあと彼女と古着屋さんに行く予定だったのだけれど、部室を出た時間が閉店一時間前だったので、やむなく解散、はて、わたしは何をしに来たのかしら、という感じだった、その古着屋さんは昨日行けなかった代わりに今日行ってきたのだけれど、サイコーにサイコーで、カワイイなーって思う服がたくさんあった、心躍った、でもわたしソラニン芽衣子がファッションのお手本なんだあ、その観点で行くと今日買った服は失敗だったような気がする、わたしに似合うのは違うような気がする、例えるならわたしがめざしているのは「夏の日の彼女」と言ったような服装で、今日買ったのは「ハワイ生まれ、ワイキキ育ち」と言った感じのアレ、TROPICAL LOVEみはあるけどそういう問題ではない、わたしはトロピカル柄がすきなんだなあという確認にはなった

でも古着屋の店員さんってもっとコワイ人だと思ってたけど全然こわくなかった、ママって感じだった、アンティーク着物屋さんの店員さんもママというかおねえさんという感じだったしやさしかったなあ、買って以来一度も行けていないので着て行きたいんだけど、買った着物が5月くらい?までしか着られないタイプのやつなのでちょっと季節遅れ気味、寒い日ならいいかなあ

とりあえず着こなせなさそうな一着は夏の日の彼女的な服装で服屋さんに行って「こういう格好がすきなんですけどこういう一枚を買ってしまってどういう服に合わせたらいいかわかりません、どうしたらいいでしょう」と聞いてみようと思います、がんばれ、おれ!一枚で見ると純粋にかわいいんだよ、ハハア

~~~~~~~

あっ、で、昨日はそのまま18:00過ぎくらいに帰ってきて、ごはんたべて先輩に借りた映画観て(先輩曰くサイコーなのにわたしはあんまりおもしろいと思えなくて非常に困った、もう一度観てから返そうと思う)、おもしろくないながらもホロホロと泣いたりして、スマホ見たら一時期よく登場していた、仲良しカップルの男の方が帰省していて、飲もうよという話が来ていて、チャリ飛ばして行った、夜分遅くにチャリを飛ばして街に急ぐのってすっげーかっこいいな、エモいな、と思いながら早く着きすぎて焦ったりもした、話はすごい盛り上がってほんとのほんとに終電で帰りたくなかったけど、そうもいかないので、ふつうに帰った、ゲッスい話を躊躇なくできるのは彼しかいないけど、話すたびに何かを失っているような気がする、あと今日も会おうよって言われてたんだけど昨日も今日も彼が彼女とメシ食って別れた後ってなんか都合いい女みたいで気持ち悪いな、と思ったし、彼女が「ほとけは彼のことタイプじゃないって言うから安心」って言っているって何度も聴いたけど、たぶんそれだけじゃなくて、「こいつには奪えない」って思ってんだろうなあって思うとなんだかなおさらムカついてくるから、行ってやんねーと思って、V6のDVD見てエンドレスに歌ってたりしました、わっはっは、昨日は本当にホテル行くか行かないかの瀬戸際みたいでアレだったけどああいう時のわたしの判断力というのはマジで信頼がおけすぎる、タイプじゃなくても勢いで、という概念は少なからずあると思うしわたしの気が変わればあれはつまりそうなっていたと思うけれども、決してそうさせない己のなんというか、貞節に、わたしは感慨を抱きます

~~~~~~~

で、昨日は帰ってきて「誰にも選ばれねえなあ、誰の一番にもなれねえなあ」という思いで占拠されていたのでああいうちょっとおセンチというか落ち込み気味な文章を書いたんですけど、今日は上機嫌です、昨日男の扱いが上手な友だち、というか、気を持たせるのが上手な友だちに「幻の六回生にアプローチしたいんだけどLINEがわからなくて、部長にLINE聞くのありかなあ」と聴いたら大アリ、とのコメントだったので、一晩明けてちょっとやる気削げ気味だったんだけど、「即行動のすすめ」みたいなサイト見て己を奮い立たせ、部長にLINEを聞き、六回生と直接コンタクトを取りました、すごない?今までならうじうじ考えてたぶん彼が卒業するまで何もしてなかったのに、まじですごいことです、ドワ~~~、つうかわたしの顔覚えてたのかな

と言いながらも、会った瞬間からどこか惹かれていて、会うたびに(ひっ素敵、)って思っていたし、ちょっと前から六回生真剣に落としてえな、とは思っていたので、それを鑑みるとそんなに即行動と言うほど即行動ではないかもしれないけれど、でも自分にしては早い行動です、すごい、細切れとはいえすっごい長い文章送っちゃったから嫌がられるかな~~って思ってたけど割と長く帰ってきたのでほんとに救われた、内容としては、新歓で「今度日本酒のみにいこう」って言ってくれたのがほんとのほんとにうれしかった(からぜひ行きたい)こと、それをずっと言いたかったのだけどあんまり会えなかったりタイミングを計りかねて言えなかったこと、日本酒は飲んだことがないのでおすすめがあったら教えてほしい、というようなことを、言いました、全体的に「うれしい」が強め笑、最終的には「今度会ったら一局打とう!」でお締めになられたのが先輩っぽくてなおすき、本当に囲碁が好きなんだなあ、いや、わたし囲碁サークルの後輩なので当たり前かもしれませんけど、でもすっごいうれしい、「そんなに飲みたいんなら、機会があったら行きたいねー」、との、コメント、だったので、現実化するかはちょっと微妙、だけど、なんていうか自分の送ったLINEを見返すと『好き』が丸出しですね、どわはははは、先輩が放つ「俺」の破壊力、魔力にやられた、男の人が言う「俺」「おれ」「オレ」ってなんだかすごく魅力的に見えるんだよなあ、ひらがなか漢字かカタカナかでも人間性が見えるような気がするんだあ、俺、かあ、先輩理系で、先生になるみたいなんですけど、高校時代大好きだった先生を意識の底で今なお追っていたはずが、気づいたらこれから先生になろうとしている人を好きになりつつあって、人生と言うのはよくわからないものだなと思いますね、高校時代好きだった先生は文系の人だけど、ははは

なんかでもやっぱりこの期に及んでも誰か一人って定められなくてむずかしい、色んな人に気を持たせたくなってしまう、気を持たせたくなってしまうとか言うたびに「その顔で?」ってどこからともなく聞こえてくる、自分の可能性を自分で狭めてるんだよなあ、前までずっと自意識過剰に悩まされていたし今もそうだと思うけど、毎日毎日休みなく動いていると疲弊もするけど考えている暇がなくてなんでもやれちゃう、GWがもうすぐ終わろうとしている、最近化粧をする気が起きない、しても全部とれちゃうしきれいなとれ方をあまりしないから、日焼け止め塗っとけばいっか~ってなっちゃう、夏の日の彼女、限りなくナチュラルなんだよ!イメージが!

~~~~~~~

明日はクラブイベントに行きます、授業でるかなあ、サボりそう、わかんない、みんな音楽詳しくて、わたしほんとにここにいていいのかな?ってなることがよくある、フューチャーファンクっていうジャンルを今日初めて知った、知ったかぶりするのはよくないな、って思う、そんな感じ、ねむいのでねる、おやすみなさい