20170301:卒業

最初にお礼です。

先日合格しましたのお知らせと一緒にちゃっかりほしいものリストを載せたんだけど(笑)、なんとプレゼントしてくださった方がいらっしゃいました!excelのアイシャドウ~!ワ~~!!うれしい!ピンミラです!

ほんものはやっぱりカワイイですね、だいじに使います(*^o^*)送り主が本名だったのでここで名前出すのは控えさせていただきたいんですけれど、もし読者の方だったらぜひコメント残してほしいです!よろしくおねがいします。本当にありがとうございました(^_-)-☆うれしい!

~~~~~~~

今週のお題「卒業」

今日は卒業式でした。クラスにあんまり友だちがいないし、一生懸命喋ろうとしなかったので、最初の方答辞読み返したりアルバム読んだりして時間潰してたんだけど、むっちゃつまんなくて、なんじゃこら、なんじゃこら卒業式、"高校生活最後トリック"にハメられたなわたしも、と思ってた、ワハハ、超帰りたかった

結果卒業式は別にたのしくはなかったし、答辞もそこそこトチったけど、大して練習してない割にはうまくおしゃべりできたな、だいじなのは噛んだか噛まなかったかじゃなくて伝わったかどうかだからな、カンペキはわたしの最後には似合わないよな、こんなもんだな、と思ってた、でも終わったらみんなすっごく褒めてくれて、先生も生徒も無差別に、よかったってすごく言ってくれて、それはなんというか、最後だから+100ポイントくらい加点されてるのか、純粋によかったのか、わからないのだけれど、友だちのお母さんも褒めてくれてたって言うから、信じていいような気もしている、ありがたい

「原稿覚えてきたでしょ?原稿よりみんなを見て喋っている時間の方が長かったよ、ほとけは文章のポテンシャルもいいけれど、間の取り方とか話し方で原稿以上の力を出してくるよね」と学年主任の先生が言ってくれて、すっごくうれしくて、というか今日あんまりにもたくさん褒められるもんだからもう「すっごくうれしい」が大渋滞起こしているんだけれど、なんだか、ブログ書いていたのも役立っていたのかな、と思っています、あと文章はあんま覚えてなかった、パッと見た時に二行先ぐらいの文章まで覚えて喋ってた、う~ん、ビデオで観たいな自分の姿を

~~~~~~~

中学から人前に出て喋ることを続けてきて、細かいものも数えたら、大体もう10~20くらいは作文書いたかなと思うんだけれど、自他共に納得できる質のものは、書いたときに「これだ!」ってしっくりくる感じがあるのね、でも今回は文章書いた時点であんまりしっくりきてなかったから、「これで先生に見せて書き直しってなったらキツいな~、でもこの感じだとなるよなあ、時間かかりそうだなあ」と思ってたんだけど、多少文言の訂正はあれど一発OKで、そのこと自体はラッキーくらいにしか思ってなかったのに、それで今こうしてみんな「内容すごくよかった」って褒めてくれるものだから、ああ、自分が気づいていないだけで、実はいい文章書いてたのかもしれないな、と思ってます、普段は消しちゃうんだけど、もったいないから今回のは取っておくことにする。たぶん答辞読むの、人生最後だからね

あと1年生の時の担任にもコメント貰ったんだけど、「HOTOKE as No.1!You're great!」って書いてくれて、ワハー、みんなに同じこと書いてたらウケるな、と思いつつもうれしくてなんかふつうに泣きそうになっちゃって急いで出てきた、コングラッチュレーション、ニヤリみたいな顔してたな、ちょっと今思い出すとむかつきますね、ハ~、今日のうれしみをいつまで覚えてられんのかなあ、ブログにしたらいつでも読めるから思い出せますね、よかったね

でもね、そんな人生最高の出来みたいなお話ができると思ってなかったから、風邪気味のおかんに「無理して来なくていいよ」って言っちゃって、わたしの家族誰一人来てないところで自己ベストを叩きだしてしまったのだった、あ~~んなんてかなしい、一つ学びましたね、でももう親の前で披露することはたぶんないね、ワッハッハ、まあしょうがないな

~~~~~~~

卒業式終わった後は友だちのところ周って写真撮ったりアルバムに寄せ書きしたりでした、1年生の時から仲良しの友だち、数えると6人くらいなんだけど(わたしは「結構多いな!」と思っている)、そのうちの1人の子にむちゃくちゃ褒めてもらえて、「自分史上一番いいお話だったかも、人のお話聞いて泣いたの初めて」って言ってくれて、思わず涙ぐんでしまった、『おばあちゃんになってもお茶しようね』って彼女とは何度も言い交しているけれど、いつか会わなくなる日が来てしまうのではと今から心配、杞憂かもしれないし今心配する事ではないってわかっているんだけど、既婚か未婚かとか、状況が変わったりするとうまくいかなくなることも十分あると思うので、だいじょうぶかな、基本的にわたしの頭は美人でかわいくて男にモテておしゃれ、みたいな女の人(ただし会った段階からその位置にいる人)にはムッと来ない構造になってるんだけど、そういう人が多いので、たぶん大丈夫かな

人と話したり「また会おうね!」と言うたびに(この「また会おうね」が発動されないままずっと時が経つこともあるんだろうな)といちいち思ってしまってあ~~んという感じだったな、そんな激しく落ち込むことはなかったけど、なんというか、しゅんとした

そのあともいろんな人と写真撮ったり喋ったりしたんだけど、わたしロードスターくん(個人的にファンの男子)に、球技大会の時に2ショット写真撮りたくて声かけたんだけど「あとでね」って言われて、わたしは(やんわり断られたやつだ、、、)と思ってひどく落ち込んで(友だち談では本当にタイミングが悪かったらしいとの話、マジでタイミング悪かったとしたらめちゃくちゃ勝手だよねわたし)たんだけど、そのことを話した友だちが気にしてたらしくて、事情をロードスターくんに話して帰ろうとしてた彼を引き留めていてくれて、写真を撮るチャンスをくれて、なんつうかもうめっちゃうれしくて、ちなみにその友だちと言うのはこのブログにたまに出てくる友だちカップルの彼女の方なんですけど、もしわたしがロードスターくんだったら「わ、人海戦術みたいで引くな」と思うと思うけど、すなおにうれしくて、2ショットは撮れなかったんだけど(なんか別の友だちが入ってきちゃった)、でもよかったです、同じ大学なんだけどね、たぶん

彼氏の方は彼氏の方でクマグスとの写真撮ってくれて、なんかもう、ジーザスという感じ、わたしも臆せずクマグスに「撮ろうよ!」って言えるようになったので、おとなになりましたね、おまえらマジサイコーですね

ちょっとクマグス自慢が入りますけど、あの、クマグスは太い男で、太いと言ってもやや太いくらいだとわたしは思っているのだけれど、「クマグスは今は誰からも男前と思われていないけれど、痩せれば必ずかっこよくなる、絶対だ、誰もが認める男前になるぞ」と昔から思っていた、しかし久々に会うと結構痩せていて、でもなんか、わたしは太い時の方が好きで、もしかしたら他の人は痩せている方がかっこいいと言うかもしれないけれど、わたしは太い方が素敵だと思うな、という結果に落ち着きました、何の報告だ、卒アル、クマグスの写真軒並みかわいくて切り取って手帳に貼り付けたい勢いです、全部シールになればいいのにね、あれ

~~~~~~~

あとね、わたしが大大大好きな超絶美人の学年のマドンナみたいな女の子がいるんですけど、一年生の時は結構仲良かった?のに二年生になって疎遠になっちゃって(今思うとこのビジュアルの女と付き合ってくれんのいいやつすぎるな)、結局同じクラスになることはなかったんだけど、今日写真撮れてアルバム書いてくれて、帰ろうとしたときに、「ほとけがこれまで掛けてくれた言葉けっこううれしくて残ってるよ」って言われて、なんていうか、たぶん彼女の側から見たらみるみるわたしの顔がしわしわになっていってたと思うんだけど、きちんと用意していなかった言葉という感じだったから、あっ、本心なんだな、っていうのがすごい伝わってきて、大好きな人にそんなこと言われたらわたしはもう、なんというか、何も知らない人が見たら別れの瞬間かよって感じだったと思うんだけど、半ば泣きながら「泣いちゃう泣いちゃう、ありがとう、ありがとう!」って出てきて、泣きながら廊下を歩きました、うけるね、泣かされてしまった、彼女ってすごい、すごいんだよ~、ああ

~~~~~~~

あと仲良くしてた体育の先生、探し回ってようやく見つけたからメッセージ書いてもらった。「昔大人になったら呑みにつれてってくれるって言ってたの、時効じゃないですか?」って聞いたら「時効じゃないよ」って言われて、夏フェスでお酒呑む約束をしました、先生は目をしっかり見つめる人だったな

~~~~~~~

そんな感じでした。高校おわっちゃったなあ、もう制服着ることないんだな~~と思いながら制服でどこか行くことなくふつうに帰ってきて脱いじゃったけど笑、あたらしい環境がわたしたちを待ってます、がんばるぜ、フ~~

よかったらみなさんの卒業式の話も聞かせてほしいなあ。イエモンのSO YOUNG聴いて寝ます。おやすみなさいませ