読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20161229:コンタクトにするの儀

昨日は彼女持ちの男とコンタクトを作りに行きました。謎。

コンタクトは大学入ってからにしようと思いつつもむくむくと沸きあがる作りたい欲求、たまたまそれを彼に話したら「俺も明日行こうと思ってたんだよ、一緒に行こうぜ」って言われて、結果行ったのですが、彼女が大学受験のために必死こいて勉強してる中何してんだよって感じですよね、ごめんね彼女、大学落ちます、わたし

コンタクトにした結果は、なんというか、眼鏡がないのに視界がクリアっていうのが変な感じで、ただ光が滲んだり(?)ぼんやりしたりして、ちゃんとあってるのか不安な感じです。入れるときめっちゃ大変。でも眼鏡の時より目が1.5倍くらいデカくなった気がする。おめめぱっちりです。目以外隠したらカワイイ。そのままコンタクトで帰ったんですが、街歩いたりしてても自分の姿に違和感バリバリで、(ア~~~眼鏡に戻りたい~~~顔の空白が多い~~~~)って思っていた、でも2日目にして慣れつつあるので、このままで行くと思います、しかし高校これでいくのはずかしいな

~~~~~~~~~

あと葛飾北斎の展覧会みたいなのやってて、観に行ったんですけど、北斎の描く人間、むっちゃ表情がポップでかわいいので、機会があったらぜひ見てみてください、東京とかならもっと頻繁にやっていそうな気がする、北斎展、色の使い方も素敵です、ぜひ

~~~~~~~~~

彼とはお昼につけ麺食べてコンタクト買って一時解散してまた合流、ジュース飲んではしごして芋食べたりした、あ、ゲーセンも行った、デートですデート、彼女持ちとデート、ワハハ

普段外でつけ麺とかラーメン系食べないので新鮮でした。雑誌やテレビで見るような盛り付けの麺類を食べるのは初めてだった。角煮?チャーシュー?がとろとろで煮玉子は筆舌に尽くしがたいうまさでした、見直した、彼をということではなく外で食べる麺類を見直した、今後は積極的にトライしていきたいと思います

ただわたしラーメンはじめ麺類をすするのが絶望的にだめで、日本に遊びに来てラーメン食べてるイタリア人みたいな食べ方になっちゃう、豪快にすすりたいんだけどできない、ラーメンだと伸びそうだし人より食べるの遅くなっちゃうので、気をつけたい、あと食券買って1000円入れたのにおつりが出てこないな、、、あれ、、、ってぼんやりしてたらレバー式でした、多分あの時の恥ずかしさによる顔面発熱で麺3玉は茹でられました、懺悔

~~~~~~~~~

彼との共通の話題が彼女のことくらいしかないのでいつも惚気を浴びるほど聞いて精神的に死ぬのですが、昨日は自らほじくり出すように聞きました。結果死んだ、アー

彼女からしたら絶対喋ってほしくないような話(しかも二人の共通の友だちだし、わたし)まで彼喋るので、わたしが彼女でこれを知ったら確実に別れてるな、と思った、この先わたしが誰かとお付き合いしたとして知ってる誰かに色んな話をあけすけにされたり写真見せられたりするのかなと思うとコワイ、見せられても平気な顔になれるようにがんばる

話聞いてて、高校時代に彼氏できなかったってことはつまり制服でエロいことできなかったってことだし制服デートもできなかったってことだしなんていうか、あ~~~~~~~~~~~~~って感じでした、移動中、相手さえ許せば街を歩く男全員好きになれる気がするし全員とやれる気がしていた、とんでもない飢えです、かつて好きだった男3人はみんなちょっとずつ仲良くなってすんなり離れて行っちゃった、うえ~ん、ていうかひとりは先生、うえ~ん恋しいよう

~~~~~~~~~

2人揃うと下ネタしか喋らないのでなんか、自分の品ゲージがマイナスに達しそうで怖いです、女とは絶対そういう話しないって決めてるし(女がそういう話してるの見ると引いちゃうんだな、でも自分も同じことしてるんだよな)、そもそも女から惚気を聞くとなんかこう、腹が立つ、男が話す女の惚気は許せるのに女が話す男の惚気は許せない、なんでだろう、その男のことカッコイイと思ってたら同意できるから許せるのかな、それとも同じフィールドで生きてる女が幸せそうなのを見るのが腹立たしいのかな、どちらにしてもなんだか、あんまり、好ましくないですね

昔は『エロい』ってワードを発するのが恥ずかしくて『セクシャルだね』などと置き換えていたのだけれど(あんまり意味ない)、ここのところもう普通に『エロい』が口をついて出るようになった、思ったら言っちゃう、いけないいけない、言っていいギャグとだめなギャグもある、いつも言ってから後悔する、いけない

~~~~~~~~~

前日にふたりして映画「モテキ」を観ていて、文字通り主人公(森山未来、以下森山)がむちゃくちゃモテる映画なんですけど、森山の本命じゃない女(麻生久美子、以下久美子)が森山に告白するシーンで、久美子が、「好き、大好き、特別に好き」って言うんですけど(本当はもっといろいろあるんだけど細かいことをあんまり覚えてない、見てほしい)、久美子は33歳で主人公よりも年上で、でも「特別にすき」が言える、彼女はのちに森山に重いって振られちゃうのですが、わたしは「特別にすき」を面と向かって言えたことがない、小~中にかけて好きだった男には3回くらい好きといった気もする、これ相当特別な気がしますね、でも現状の人には言えていない、言えなかったな

「特別に好き」が言えるようにならないとスタートラインにも立てない、みんな実はきちんと恋人がいる、スタートラインに立てないうちはただの一人遊びでしかない、そんなの恋でも愛でもない、恋ではあるかもしれないけど全然愛じゃない、愛してるかもしれないけどひとり相撲、なのだった、つうかひとりであれこれ考えてても愛してるってことにならない気がするのだった、愛ってなんなんだキスやセックスの持つ意味ってなんなんだ、と、モテキを観ながら思ったのだった

久美子も彼女持ちの彼も彼女もみんな、みんな裂けるチーズの大爆発してるパッケージみたいなハートになりながらむちゃくちゃ頑張ってアタックしたりプレゼント考えたり「特別に好き」的なことを言ったり行動で示したりしている、と思うと、それらをおろそかにしているor気持ちがあってもできないでいるわたしはやっぱり、だめなんだな、と思うし、みんなすっげー偉いな、と思う、偉いなって言うたびにお前はどの立ち位置からものを言っているんです、と自分に言いたくなるんだけど、拒絶される可能性があっても逃げずにまっすぐ立ち向かえる人たちって本当にすごいです、受験からも逃げ続けてるし、何に立ち向かってきたんだわたしは、逃げるは恥だし役に立ちません、この場合

~~~~~~~~~

彼女持ちの彼は自分のこと陰キャと言いますが全然お付き合い歴たくさんあるし女とふつうに遊びに行くし、全然おめー、違うじゃんかよ、と思う、わたしも彼とおでかけするまで男女で出歩く=デート=お付き合い的に直結して考えてたけど、案外そうでもないんだな、と思いました、しかし彼はいつも遊びに行くとごはんやなんか、何かしらごちそうしてくれる、わたしは彼女じゃないんだから彼女にそのお金使ってくれ頼む!と思う、うれしいけど、スマートなお金の返し方がわかんない、レジでお金払おうとしてて半額分用意しててお財布に入れようとすると怒られる、そりゃ怒る、男を立て、、、立てなきゃ、、、?あとで渡す、、、?正解を教えてください

~~~~~~~~~~

高校入って初めての男と2人歩き(全然デートじゃないけど)は結局3年間ずっと好きだった男で、当時はどうか知らないけど入学当初はキモがられてたわたしとよく歩いてくれたもんだな、と思う、一緒に過ごす時間が少ない時の方がもっと仲良くいられた気がする、長い間一緒にいることで+特殊な状況下のおかげでわたしの化けの皮が剥がれちゃった気がする、随分きついことも言ったし端的に言えば嫌な女だった、ごめんなさい、2年前は今よりずっとクリーンだった、今のわたしは変わらずぶすくれた嫌な女だ、言葉遣いは汚いし笑い方も怖い、挙動も不審、眼鏡はなくなった、あっ、アイコン変えなくちゃだな

しかしずっと苦手に思っていたアイプチもやれば案外できるもので、だから、あらゆる努力や行動は結局やるかやらないかだけに結果が集約されていて、『わたしには似合わない』とか『そういうキャラじゃない』とかとりあえず一旦置いておいてやってみたらいいんだなと思う、2年前に比べると無理だったものがたくさん無理じゃなくなった、化粧も「そんなの色気づいてなんだよ」と思ってたけど手出してからはする方が自分の中で普通になった、母の言葉にいちいち流されていた、自分にとっての『普通』は自分がそうかそうでないか、周りの近しい人たちがそうかそうでないか、くらいしか判断基準がないので、やっぱり『○○の方が普通だよ』って言う人は嫌だな、と思う、母も、父も、担任も、そういう人だけど、大人になると何か変わるのかもしれないね

しかし自分の普通を他人に押し付けるのがよくないと言ったところで自分にとっての普通はやはり自分自身の判断基準として君臨し続けるので、道を外れそうになったらブレーキは大事、だな、と思います、なんていうか、超えちゃいけないラインっていうのはやはりある

~~~~~~~~~

わたしは現状、たぶん見た目も中身もかわいくないと思うけど、化粧もエステも矯正も脱毛も染髪もパーマもまつエクも運動も生活改善も、できることも試してないこともたくさんある、嘆くのは全部試してからにしましょう、「特別に好き」も積極的に投げていきましょう、全部試してだめなら国外にでも逃げましょう、外見だけじゃなくて内面的にもね、やりたいことたくさんあるよね、「やべー」とかつい言っちゃうけど直したいよね、がんばろうね、誠実な女ほとけ、形成していきます、ここ最近はそんな感じでした、おやすみなさい