読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20161107:いじわる

「まだ○○してないの?」という宣伝文句、よくあるし、「みんなやってるよ、一緒にやろうよ」という薬物教育に出てくるワルい友だちの台詞に代表されるような、日本特有の『大多数こそ正義』的意識を販促に利用しているだけなのだと思いますが、なんだかむかついて「うるせえ!!!!!一生してやんねえ!!!!!!!」みたいな気持ちになります。意地悪です。こんばんはこちらほとけ。

~~~~~~~

暗いけどむちゃくちゃ美人な友だちがいます。彼女のどこが好きとも特に浮かばないけれど、彼女がわたしのことを好いてくれているので、よく一緒にいます。鬱陶しいと思うことも少なからずあるのですが、冷たくしてもどこまでもついてくるので、一緒にいることが多い。犬か。

ひどいですね、自分を好いてくれているならやさしくすべきですよね、わかる、わかるんだけど、一定ラインを超えると冷たくなってくる、自分でもよくわかりませんが、そんな自分をやなやつだなと感じます

彼女、1年生のころから暗かったのですが、3年の今になって「明るくなろう、JKになろう」週間を始めたようで、やたらとこう、、、はしゃいだり、、、わたしは、、、昔の彼女のままでよいと思うのだけど、、、、、髪型に気を遣うのはとても良いと思うし、きれいだなと思ったら褒めるのですが、むやみに明るくするのはよくないと思う

でも周りはいいねと言っているので、違和感を感じているのはわたしだけなのか~~~、もしかしてわたしは知らぬうちに彼女の美人さに嫉妬している?彼女が明るくなって素敵になっていくことに嫉妬している?と、思って、そんな自分はまた嫌だなと思ったんだけど、そんな自覚はまったくなく、普通に彼女がイタい方向に突き進んでいくのが耐えられないんだと思う、イタいというか、わたしが、あまり、好かないというだけの話

最近はこれまで抑圧してきた負の感情を垂れ流しにしているように思う、もうすこしやさしく生きたいです

~~~~~~~

学校からの帰り道、よく寄り道して化粧品などを見るのですが、見れば見るほど何を買えばいいかわからぬ。@cosmeはよくてもわたしに合うかはわからないし(結局@cosmeに頼っちゃうけど)、そのくせ高いし、手の甲に塗ってもよくわからないし、ウ~~~~~!!!!!!!!!って感じです。とりあえず今欲しいのは、インテグレートグレイシィの桜色リップです。レビュー観て研究せねば。。。前も買おうとしたんだけれど、色持ちが悪いってことで辞めたんです、でも~~オレンジばっかりだから似合うピンクが欲しい~~あとブラウンリップもほしい~~~似合うならば~~~

デパートのいいところは自分に似合うものをきちんと見繕ってもらえるところですよね、う~ん、早くおとなになりたい

~~~~~~~~

ちょっと前に借りた「羊と鋼の森」、読まずに2週間くらい経過している。読みます。う~、卒業したいぜ!おやすみなさい!