読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20161103:『女』と向き合う

このブログ、しょっちゅう下着の話してる気がしますが、下着が好きです。

目覚めたのは初めて自分で買いに行ったときです

hotoke-no-face.hatenablog.com

「下着を買いに行ってきた!!!!!」って宣言する人もあまりいないかと思いますが(以前あたそさんがその界隈の話を書いているのは読んだな)、わたしにとってはかなりセンセーショナルなできごとだったのでした

スカートを履かないで生きてきたとか、肌の手入れをまるでしなかったとか、そういうことではないけれど、自分が女であるということを自分自身に意識させないようにしてきたような気がする、化粧品とか下着とか買いに行ったり観ていたりすると、自分が女だってことを直面させられるじゃないですか、自分のことを男だと思っているわけじゃないけど、なるべく意識しないようにしていたような気がする、恥ずかしさ故に

~~~~~~~~

ちなみに今日も買ってきたんですけど、外に着る服とかはあんまりガーリーなもの着てないので、中くらいは超乙女みたいなの着たろと思って、そういうのを選ぶようにしています(何より下着は大概フリフリなのでフリフリにならざるを得ないのだと言い訳ができる、最高)。下着は服を選ぶのよりもたのしいです。大概上下セットなのでコーディネートとか考えなくていいし、似合う似合わないがあんまりないし、大概かわいいし、人に見せるものじゃないので、どんなに派手でもフリフリでもむちゃくちゃ乙女テイストでも誰にも引かれない!究極の自己満足です。

こういうところを思うと、自分、本当は女子みたいな格好したいんだろうなと思います、女子みたいな格好というのは、花柄スカートに、、、ブラウス、、、手持ち鞄、、、ゆるふわヘア、、、みたいな、、、「いわゆる女子ね」みたいな格好、そういうの忌み嫌っていますみたいな顔しちゃうけど、たぶんしてみたいんだと思う。

でもそれ、たぶん似合わないんですよね。「やる前から諦めんなよ!」と言われるとそれはそうなんだけど、最近脳内合成が得意で、「あっ、この人こういう髪型似合いそう」「こういう服似合いそう」とか、よく思いつくのですが、それは自分にも当てはまることで、そういうおなごテイストに身を固めたわたしは、おそらく、かなり老ける

夏場は特に、ソラニンの芽衣子ちゃんみたいな格好かPUFFY風味か、って感じだったのですが、それが性に合ってるんだろうな、と思っています。その代わり、見えないところであそぶ。笑

~~~~~~~~

『女』に向き合う作業は、たのしい反面、つらいことも多々あります。ヴィレッジヴァンガードを何となく見ていて、ヘアメイクのHow to本とか、「恋される女子になる!」みたいなキャッチコピーついてると恥ずかしくて手に取れないし、学校で見つけた「最強乙女バイブル」って本、どんな奇書やと思って手に取ってたら後輩にばったり会って慌てて隠したり、人に「この人女を意識してるんだ!」と思われるのが嫌なのかも、はずかしい、と思ってしまう、女として見られたいと思っているのに、女を意識してると思われるのが嫌ってなんか、矛盾ですね

ファッションビルなんか歩いていても、自分の生きている世界とあまりにも遠くてへこんで帰るし、化粧品も下着も、買いに行くたび緊張しすぎておびただしい量の汗をかきますが、少しずつ経験を積むことによってなんとか平気なようになってきました、最近は大丸の化粧品街もちょっと緊張くらいで入れるよ!(でもPLAZAは緊張するよ!)

若者の中にいるのがダメみたいです。つまるところ人の目を気にしすぎなのだ。はやく大人になりとうござる。

トイレで化粧直ししたりしてる同級生見るとうわ~ってなるのも、自分ができないから羨んでいるだけなのかもしれないね。最近は5秒くらいなら人前でも鏡が見られるようになりました。日々鍛錬です。

~~~~~~~

あ、昨日Mixソフト入れてなんか、曲作ろうとしたんですけど、操作が難しすぎて断念。好きなことだから無勉強にできるというわけではないし、何をするにしてもひと山を越えるために努力しないとどうにもなれぬのだと思い知った、ギターも物書きも作曲もそうなのだと思う、好きなことの方がそのひと山を越えられる可能性が高い、ということなのかも

ひとまず大学生になったらがんばることにしましょう。こうやって後に後に伸ばしていくのは好ましくないことのような気がしますが、今はそれをすべき時ではないように思う

~~~~~~~

今日の授業中、先生が「これの意味は?せ~の!」って言ったとき、みんな何も言わなかったのですが、同級生ひとりだけ答えて笑っていて、みんな笑って、彼は「なんでみんな言わないんだよ」って呟いていました。たしかに、と思う、よく言えば空気を読む、悪く言えば主張しない、という日本人が持ち合わせがちな空気というか、概念というか、を、彼は持っていないようで、時にはそれがトラブルを巻き起こすかもしれないけれど、将来的に、それはきっと武器になるんだろうなと思いました。実際彼は『変わった人』として一目置かれている(良い意味です)人です。文章だけで見ると、「求められた答えを言わない」と言うことの方が変わっているように思われる、うまく言えませんが、彼が言ってることは正しいなと思います

~~~~~~~

なんだかまとまらなくなってしまった。いろいろ買ってもらえたので、今日はよい日でした。来週日曜まで休みなしなのでがんばる。うお~~~!!!おやすみなさい!