読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20161016:BROTHER

連日寒い日が続きますね。みなさんおげんきですか。ほとけです。

昨日はうっかり3:00位まで友だちとLINEしてしまって、今朝10:00位に起きたんですけど、新たに導入された毛布がむちゃくちゃ最高な肌触りだったために抜け出せず、寝たり起きたりを繰り返し14:00、のっそり抜け出して顔を洗ってコストコで買ったどでかいポテチ(のりしお)をぽりぽり食べつつアド街CDTVJCD、録画してたキタノ映画の「BROTHER」などを観ました。母が寝ていたのでPG12指定の「みんな!エスパーだよ!」も早回しで30分くらい見たんですけど、内容がかなり性的ギャグだったので気になったけど止めて消しました。あれは別の機会に観よう(母が起きなかったら観続けていた)。

あと「連日寒い日が続きますね」と書きましたが、札幌は今日21℃もあったらしい、です、全然あたたかい~~~東京とか本州はもっとあったかいのかしら。もしかして向こうじゃ21℃は肌寒いのかしら。未知です。

寒くなって来たしそろそろおでん、鍋、しゃぶしゃぶ、等の季節ですが、一向にありつけそうにない。一応受験生という皮を被っているのであまり遊びに行けないし(勉学に励んでないのにね)、おでんなんかは70円セールやってるので食べたくなるのですが、家に帰れば夜ご飯が待っている、ではいつ食べる?おやつ?ということになります、解せぬ

でもコンビニおでんおいしいんですよね、大根もこんにゃくもはんぺんもあ~~~暖かいものが食べたい、去年の今頃は狂ったように鍋のシメの雑炊を食べていたというのに、むしろいつもシメが主役だったのに、今年はどれくらい食べられるのかしら

~~~~~~~~

書くことがあまりないので今日観た「BROTHER」の話をします。以下あらすじです。

武闘派ヤクザの山本はその血の気の多さ故に組からも煙たがられ、日本での居場所をなくす。追われるように、留学したまま消息が絶えてしまった弟のケンを頼ってアメリカに渡る。ケンは仲間のデニーらとジャンキー相手のドラッグ売人に成り下がっており、しかもドラッグ・トレードのトラブルに巻き込まれていた。山本はデニーたち黒色系アメリカ人やメキシカンと手を組み、白人マフィアのボスたちを血祭りに上げ、その勢力を拡大していく。日本から舎弟・加藤も駆けつけるが、山本に「アメリカでも戦争になったんだよ」といわれる。山本に絡んで痛い目に遭っていたデニーも日本流のやり方に戸惑いながら、徐々に彼のカリスマ性に惹かれていった。組織は拡大、絆を深めていくが、「兄貴に命を賭けている」という加藤が自らの命と引き替えに日本人街のボス・白瀬たち日本人マフィアを山本の傘下に収める。

ところが、この判断が彼らの命を奪う事になった。白瀬たちは山本の警告を無視して勢力拡大をエスカレートさせ、それが巨大なイタリアン・マフィアの怒りを買い、報復を受けて結果的に次々と山本たちは仲間を失ってしまう。山本も「もう終わりだな、みんな死ぬぞ」といい、「戦争」になる。

そしてこの「戦争」の発端でもある白瀬自身も、外出中にマフィアの手によって死亡した。白瀬の傘下は、仇打ちを取るためにマフィアの屋敷に押し掛けるものの反対に抹殺された。さらにマフィアは山本の傘下まで手を伸ばし始め、一人残らず消し去った。

家族も殺され、ひとり生き残ったデニーは山本から別れを告げられ、着替えの入った鞄を渡され、不本意ながらも車に乗ってメキシコへ向けて一人で逃亡する。そして、山本が道ばたの酒場から出ると、そこへマフィアたちのマシンガンの一斉掃射が放たれる。自暴自棄になりながら運転するデニーは鞄の中からの思わぬものを見つけ、その心意気に涙して“I love you, Aniki.”と叫ぶ。――Wikipediaより引用

 「青い春」、「ビーバップ・ハイスクール」など、学生の不良ものはたまに見てたんですけど(ビーバップはギャグか)、キタノ映画は観たことがなかったので、観てみました。嘘だ。竜三と七人の子分たちは観ました。あれはもっとギャグだった気がするなあ。今回のは人もバンバン死ぬし大半血みどろですが、格好いい映画だった。漢気。

特に好きだったシーンは、山本の舎弟・加藤が、日本人街のボスの白瀬に、自分の命と引き換えに山本の子分になってもらえるように頼むところです。兄貴(山本)に命賭けてる、と言う加藤に対して、見せてみろよと言って拳銃を手渡す白瀬。加藤は「兄貴によろしくな」とだけ言って何の迷いもなく頭を撃ち抜くんですね~~~格好いい、格好いいけど、人が死ぬシーンを見ると(特に拳銃)、1秒足らずでその人の生きたうん十年は終わってしまうんだなあと思って、なんだか切なくなります、その人が作ってきた生活とか、親とか、交友関係とか、色々を思うと、悲しい、寺島進好きだったからなお悲しかった

あと黒人のデニーがカワイイ。作中やむを得ず山本を撃ってしまう場面があるんですけど、山本にそれをネタにされてごめんよって言いながら二人で笑うシーンがすてき、ヒメアノ~ルも怖いと面白いの連続で感情が忙しい、みたいなコメントがよく出ていましたが、そこまでじゃないにしろ、そういうあったかシーンを見ると安心しました

命よりも仁義を守る男たちのお話です、アメリカ人も徐々に日本式ヤクザスタイルに染まっていっておもしろい、人によって何が重いかは違うんだなあと思いました。暴力描写が苦手じゃない人はぜひ!

~~~~~~~~

明日から後輩たちは修学旅行のようです。お寺とかはすごかったけど、クラスメイトと一緒だし、授業の延長のような感じがして、鬼たのしかった戻りた~~い!って思えてないので(お着物着れたり旅行じゃ泊まれないようなホテルに泊まれたのはうれしかった!)、後輩たちにはぜひ、気張りすぎず楽しんできてほしいと思います。校長かよ。

それじゃあ~~勉強、する~~~う~~~んします!がんばる!の前にペディキュア塗る!やらないフラグ!おやすみなさい。