20161014:Life!

生物の授業中に、わたしの体内に存在するすべての物質(ex:赤血球、白血球、ヘモグロビン、グリコーゲン、その他消化酵素各種等)がわたしと同じ顔をしている、という光景がふと頭に浮かんで、「わ、わたしの命ってわたしだけのものじゃなかったんだわ!」という気になりました。

仮にいま「死にたい、、、」ってなったとして、死にたいと決めるのは脳だけれど、赤血球のわたしは死にたくないかもしれない、だけど脳が死ぬと決めたら死ぬしかない、それは殺人に近い!いや、この場合、殺赤血球?まあその~~赤血球に感情はないということになっているのでアレですけど、もしかしたら人間にはわからないだけで赤血球だって会話しているのかもしれないし、意志があるかもしれない、そう思うと、わたしの身体はわたしだけでできているわけではないんだわ、と思います、大事に生きます

~~~~~~~~~

最近授業中気づいたら意識ないこともよくあってちょっとビビります。夜更かししすぎなのよね。そういえば今日は金曜、明日から土日、だけど明日は模試、ひゃお~~

~~~~~~~~~

最近の電通の過労死のお話、「それくらいのイビリふつうだよな」「東大卒だからプライド高かったのでは?」みたいなコメントよく見るんですけど、東大出るくらい頑張ったんだから仮にプライド高くたって許してもらえてもよくない!?(プライド高くてもそうでもないふりをする方が生きやすい、という考え方ができるのが一番良いのだとは思うんだけど)と思うし、「それくらいのいびりが普通」っていう現状、よくないのでは、と思いました。日本固有なのかもわからないけれど、「あの人もこの人も同じ、どこに行っても同じだからふつう、しょうがない、許される」みたいなの、なんでやねんと思う、いやよく見て!普通にだめだろおい!みたいな。。これがライムスターの言う『正しさだけじゃ生きていけない』ってことなのかなあ~~~

わたしは社会に出ていないし、会社によって差もあるだろうし、社会全体としての現状なんてたぶん誰にもわからないのだろうけれど、よくない状況に対して誰も声を上げず「それが普通(だからしょうがない)」ということにしておくから誰の得にもならない状況が長く続いてしまうのでは、と思いました。いびることによって上司のストレスが発散されているなら、一応得は産出されているけれど、それによって若い芽が摘まれてるんじゃあまり好ましいとは言えませんよね。

とはいえ生活のこと、声を上げることで生きにくくなることを思うと、声を上げられない気持ちもわかる。どうしたらよいのかなあ~~。労働問題を取り扱う弁護士さんに相談するとか?そういう人中心に、声を上げるための組織を作れればいいのかな、と思うけど、、、

とはいえ訴訟沙汰になればお金もかかるしその間の生活はどうなる?職は?他人の視線は?辞める羽目になる?再就職先は?ってなってくる、『声を上げる』ってむちゃ大事だけど、生活の安定が確約されていないとやっぱり厳しい、ど~~~うしたらいいんだろう( ;;)

でも労働ってほぼ誰にでも関わりがあるものだし、救済する何かは絶対に必要だと思う、困ったとき助けてくれるところをきちんと予め探しておく、とか、う~ん、、、

「どうすべきだ!」とははっきり言えないし、色々な観点があるし、だけど、死ぬことを選ぶのだけは避けなきゃ、とは思います、10年後わたしがなにをしているかわからないけれど、生きなきゃ

~~~~~~~~~

着地点があいまいになってしまった。最近「Mummy-Dかっこいい」ばっか言っていて(ほんとはヒップホップサイコー!じゃなくてMummy-Dのビジュアルに惹かれているだけなのかも)と思っていたのですが、きちんと女性ラッパーの歌もかっこいいなと思ったので、あんしんしました。明日は模試です、記述、、、やだ、、、がんばります、おやすみなさいませ