読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20160921:3年ぶりの再会

こんばんはほとけです。朝晩はすっかり冷えますね。夏の間は汗だくになりながら自転車を漕いでいるのですが、涼しくなったおかげで汗もほどほどに済んでいます。うれしいけれど、漕ぎ始めは少し鼻をすすります。焼き芋の季節だなあ。

~~~~~~~~~~~

今日学校行ったら明日休みで明後日行ったらまた休み、なのでもう少し気持ち晴れやかに過ごせるかと思ったのだけれど、自分のわがままで落ち込んでしまった。

今度の体育大会でわたしはバレーボールをするのですが、バレーを選択したのは好きだった男の活躍が見たかったからで、しかも人数が多いから出なくてよさそうだったからで、それなのに彼のクラスはバレー選択ではなかったし練習はやはり出なくちゃならなかった、「ほらほとけやるよ!」なんて言われても「え~~」なんて言って、まあ結局は出るんですけど、彼女らだって放っておくわけにいかないことも、当日出なくたって練習はしなくちゃいけないことも、十二分にわかっているはずなのに、「え~~」なんて言っちゃうんだから、やなやつやなやつだ、わたし、って思いました、はは

やる気ある組は昼休みから練習してるんですけど、絶対その中にも面倒だなって思っている人はいると思う、でも練習をやめちゃわないのは、本気でやらないと楽しめないと知っているからだと思います。わかっちゃいるが、うちのクラスには表面上はよい人だけれど裏で悪口を言う女が多くて(これも言ってみればそうか)、それが例えわたしのことじゃなかったとしても、それがすごく不快で、だから混ざりたくないし馴染みたくないしクラス会も行かなくていいや、ってなっちゃったんだと思います、私の中で

まあもうあと3か月、気楽に生きましょう

~~~~~~~~~~

そのことがあって自己嫌悪に陥っていて、帰りも少し落ち込み気味だったのですが、下駄箱で仲良しの他クラスの子に会えたり、こんな日でも空は青く緑は青々としていて、ああ、なんか世界が全力でわたしを励ましに来ている気がする、等と思って、365日あるんだからこんな日もあるよな~~って思いながら帰りに寄った近所の書店で、なんと小・中学校の時に好きだった男の子に会いました。笑

すごくびっくりしたのと同時にうれしくて、思わず相手は電話していたんだけど肩パンしちゃいました。笑 ほんとうにうれしかった!だって今日彼のこと久々に考えたばっかりなんだもの!(それは好きとか好きじゃないとかでなく、元気かな、ということで、だけれど)

彼はすこぶる元気でした。2時間くらいお喋りしてたかな?3年という時間は長いようで短く、短いようで長く、『好き』という事実がなくなった今、彼とは本当に友達として色々おしゃべりができて、ほんとのほんとにたのしかった。3年前の自分だって、3年後にわたしが彼と再会して、彼のファンキーな生き様について話を聴いたりなんてするとちっとも思っていなかった。高校が離れたら、それきりなのだと思っていた。

実際SNSでは相互の関係でいたけれど、それきり、といえばそれきりで、会えるとは思ってもみなかった!3年の間に彼は少し背が伸び、きちんと男の顔になっていた。ちょっといい男になっていた(いや、昔からあんな顔だったのかもしれない、覚えていなかっただけかも)。

あまりにも現在置かれている状況が違いすぎたけれど、わたしは彼の人生がとても楽しそうに見えたし、魅力的に感じました。まあ、その、あまり公に言えたようなことばかりではないけれど、それでも昔よりずいぶん垢抜けたし、きちんとオトナになっていた。時間が経つと「なんであんなやつのこと好きだったんだろうなあ」と思うこともなきにしもあらずだったけれど、「やっぱおもしろいやつだなあ」って思ったから、どれだけ変わっても変わらないものがきっとあるんだろうなあ、と思いました。

もう猫をかぶる必要もないので、下世話な話もむちゃくちゃした(ここがおばさんと言われる要因のようにも思う)し、めっちゃ楽しかった。人の人生というのはやはりすごくドラマ、だし、聴いていてたのしい。おもしろい。

本当に今日は会えてよかったです。近いうちに飯でも行こう、って話で、終わりました。実現するかはわからないけど、会えたらいいな~~~。

~~~~~~~~~~~

明日はお休みなので、音楽制作のワークショップにいってきます。でも眉毛のところブヨに刺されてしまって、明日お岩さんみたいにならないか心配。重篤化しないことを願います。それでは、おやすみなさい。