20160920:自分の気持ちを動かすこと

昨日Mステで森山直太朗が「夏の終わり」を歌っているのを観ながら漠然と「あ~~直太朗が夏の終わりを宣言している、公の電波で夏の終わりを歌ってしまったらそれはもう今日からはっきり明確に夏は終わるしかない、今までは『まだ夏?もう秋?』みたいにみんな手探りな感じだったけど、明日30℃を超えようがなぜか海の日が1週間後くらいに移動される法案が可決しようがもう直太朗が夏の終わりを歌ったのだから絶対的に今日から秋だ、あ~~~」などと思っていたのだけれど、今朝方は本格的に寒くて阿呆みたいな恰好で寝ていたので風邪をひきかけました。これは直太朗を観ていた自分による暗示なのか、本当に秋の到来をコントロールしているのは直太朗なのか、いささか謎ですが、とにかく秋がはっきり来てしまいました、ああ

訳あって今日は4連休目だったのですが、非常に非生産的に過ごしてしまった。連休中、どの日も気づけば夜だったし、どの日も気づけば朝だった。しかし明後日もおやすみだし、音楽制作のワークショップに行けることになったので、明日は何とか乗り切れそうです。受験生?してない。やばい。

あ、でも今日ひとつだけ生産的なことをしました、センター試験の受験料を支払いに行きました、何かあってもいいように少し早起きをして郵便局に行って、あまりにもあっさり払い込み終わったものだから少しぼうっとして、他にすることもないしお金も持っていなかったのであっさり帰って、あっさりお昼ご飯を食べて、「一生に一度のことがあんなにあっさり終わってしまうのだなあ」などと感慨にふけりながら録りためていた「おにぎりあたためますか」や「水曜どうでしょう」や「真田丸」を観て、極めつけに「グーグーだって猫である」を観て、部屋に戻ってさあ勉強!という気持ちになる前に素早くパソコンを開いて、Tポイントが明日で失効するというメールを見て慌てて何に使うかの吟味をスタート、1時間を費やし、今に至ります。これに「夜ご飯を食べた後再びパソコンを開いてニコニコ動画巡回を開始」を加えたら完璧にニートの完成です。わたしは、わたしは、いったい何を、しているんだろう

しかし夜ごはんを食べた後にブログを更新しようとしたら間違いなくそうなるような気がしたので、今世紀最大のスピードでこの文章をタイプしています。いそげいそげ。

あ、グーグーだって猫であるキョンキョンがとてもかわいらしくて猫もキュートで上野樹里の服装がドストライクで森三中もプリティで最高の最高にハートウォーミングな感じがしたのですが、時間がない時はいつも映画を二倍速で観ていて、今回も例外ではなかったので、ハートウォーミングさとせわしなさが共存していてちょっと、なんか、もう少し落ち着いてハートウォーミングすればよかったな、と思いました。

あと昨日も似たようなこと書いたような気がするし今日発見したことというわけでもないのですが、少しでもやりたいと思ったことはやるべきだな、と改めて今日思いました。何かきっかけがあったわけじゃないのだけれど。

なんだったっけなあ、秋の体育大会にさしあたってロードスターくん(わたしが個人的にファンの男の子)の応援に行くか、行きたいけど恥ずかしいしなんか、ガチで好きみたいだよなあ、とかぼんやり考えていたんだと思うのだけれど、その『少しでもやりたいと思うならやるべきだ』って考えていたことが頭をよぎって、「あ、そうだな、行けばいいか」っていう気持ちに、自然となって、あ~~なんかよい人生の指針を見つけた気がするな!と思いました。冒頭にあげた音楽制作ワークショップもかなり行くか迷ったのですが、家にいたって勉強しないし、興味あるって1mmでも思うなら行ってみるべきだな、と思ったので、行くことにしました。

本を読むのも映画を観るのも勉強も好きな男に会いに行くのも、何もかも、行動しなければ何も変わらないし、行動すれば何か変わるかもしれない。変わるのは相手との関係性か自分の気持ちか状況か成績か、はたまた何も変わらないか、わからないけれど、自分の気持ちが変われば世界はまるで違うように見えることもあるし、感動をたくさん知ること、自分の気持ちを積極的に動かすこと、は何かとても大切なことのように思うのです。

、、、、、、、、、って勉強から逃げ続けている人間が言っても信憑性沸かねえ~~~!!!って感じなんだけれど。笑

昨日改めて考えて、法政大学行ってみたいな、東京の学生してみたいな、って思ったので、叶うかはわからないけれど、とりあえず受験はさせてもらえるので、受かるようにがんばってみようと思います。いつもがんばるって口だけだからね、ちょっとそれは、どうにかしなくちゃね

それじゃあご飯食べてまいります。宿題しなくっちゃ!おやすみなさいませ。