読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20160914:十四夜

秋の夜長にこんばんはほとけです。もうすぐ十五夜ですね、みなさんはお団子こさえるのかしら、わたしはみたらし団子でも買ってきて喰らおうかと思っています。でも今日体育の時間に自分の脚の太さに愕然としたばかりです。十五夜はね、だってね、一年に一回しかないから、、、ね、、、、、、、

ところで十五夜って十五日でいいんですかね?あっ柚子湯しなきゃですかね?それ冬至か?まだか?かぼちゃか?

わ~~~~~んでももう早くも9月気づけば秋、この前までサマージャムしてたのにあっという間に夏の終わり及び秋の始まり、もう少ししたら冬に片足突っ込んじゃう、ひえ~~!しかしそろそろ母の実家から秋刀魚が届くころじゃないかしら、フウ~~

春夏秋冬、飯をおいしく食べられるのはわたしの唯一の美点です。

~~~~~~~~~~~

今日も例のごとく友だちとお昼ご飯食べたのですが、誰も喋らなくて、「食に集中しちゃうね」って言ってて、あ~この人たちは食に集中しているから喋ってなかったのか、そうだったのか~~って思ったんだけれど、ごはん食べ終わってお喋りの段になっても好きじゃない人とはあまり目も合わせたくなくて、自分の極端さとやなやつさに辟易しました。きっとしょっぱい顔になっていたのだと思う、嫌いなら最初からお弁当食べに参加しなければよかったのに、申し訳ない、勝手に嫌っておきながら相手の精神を乱しているかもしれないと思うと申し訳ない

昔は全自動微笑み機能が外に出ると発揮されていたのに、三年生になってから急にだめになりました。それまでもダメだったのかもしれないけど、その他諸々でカバーされていたのかもしれない。先生方に対して『素直な子供じゃなくてごめんなさい』『かわいい子供じゃなくてごめんなさい』『ぶすくれててごめんなさい』みたいな気持ちになることがしばしばあるけれど、そう思う必要なんかないんじゃないかと思う。たしかに素直じゃないしかわいくもないかもしれないけれど、ごまをすりすりしてまで好かれなければならないだろうか、そこまでしてわたしはいい子ちゃんでいないと精神が安定しないのかしら、根底にあるのは認められたい欲求の強さのような気がする、ほわ~~~ん

つうか今どきかわいい素直な高校生なんているのか?都市伝説じゃないのか???とはいえ昔のわたしはそうでございました、あれれ、いつからこうなってしまったのかしら、イエ~イ笑顔さえも底意地悪さが垣間見える気がしてもう自分が怖いウキャオ!(≧∇≦)

あと日々の生活の中で好きな男に対してしたあれこれがめちゃくちゃフラッシュバックしては「馬鹿みたい」って自分に対して思うんですけど毎日毎日繰り返されてて知らない間に私麻薬でも打たれてたんじゃないの???という気分です

~~~~~~~~~~~~

こんな話ばかりしていてもしょうがないな。もっとなんか楽しいこと考えよう。

あ~~~~~今日からパソコン封印して勉強しようと思ってたんですけど結局開いちゃってて自分の意志の弱さを感じます。何しとんね~~ん

誰のせい?それはあれだ、秋のせい。ううんじぶんのせい、、、、、、、、

だってブログめっちゃおもしろいやんけ!!!!!!!現実世界で今苦境に立たされている(というよりか自分の心持次第なとこあるのでセルフ追い込みかけてる感じあるけど)からネットで素敵な話詠んだり面白い文章読むと救われるやんけ!!!!!!!ブログやめらんないやんけ!!!!!!!!!!!!!!

逃げ込める世界があるというのはとても良いことのような気がするし悪いことでもある気がする、一生浸かって戻れないのではないかという気にもなる

アアア~~~~~でもがんばらなくちゃね。だって12月を最後に学校行かなくていいと思ったら高校生もあと、、、え?3か月しかないよヒャフー!!!!!最高か!!!!!!

でも年上を敬う心もう少し持たないと将来破綻しそう!!!!あと答辞考えなくちゃね!!!ア~~~~わたしの話なんて誰も聞かんじゃろもう読まなくてええじゃろ、、、あ~~~

鬱気味ですが頑張っています。明日も明後日もがんばろうね。それじゃそんなところでおやすみなさいマセラティ。勉強するぜ!イエー!