読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20160909:誰も幸せにならない文字列

自分が悪いのだと理屈ではわかっているけれど、気持ちが受け付けてくれないことが時々あります。主に、自分を指摘する相手のことが好きでない時。

今日めっちゃ大事な書類(先生にチェックしてもらう予定だった)を家に忘れて、放課後取りに行って出しますって言ってももう受け付けないって言われて、チェックしてもらわなくても全然なんとかなるものではあるんだけど、大事な書類を忘れたっていうその姿勢が問題なんでしょうね、と思った

その事実、自分が悪いという事実は頭では理解できているのに、先生のこと嫌いな気持ちが強すぎて(あるいは反抗期なのかもしれないけれど)、いちいち心の中で反論しちゃって、たぶんそれだって文字に起こしてきちんと見たら筋なんかちっとも通ってないんだけど、それでも認めたくなくて、なんだかしばらく悶々としていたし、今もしている

先生の言うことはたぶん正しい。押しつけがましかったりやけに上から目線だったり、ジジイ特有の諸々は内包されているだろうけれど、基本線はきっと正しい。話を聞いていて納得できることもたくさんあった。はず。なのだけれど、でも、その内包されている諸々がわたしの納得を邪魔するの!(謙虚さがたりねーのはおまえだろ!)とか(何回同じこというんだよ!)とか、いちいち思っちゃう。自分は若くて未熟で、愚かだな~~、と、思う。

きっと彼がこれまで彼自身の指導でたくさんの生徒を合格に導いて、たくさんの選手を全国に連れて行ったことはきっと確かで、その人たちが彼に内包されている諸々に対していちいち苛立っていたかはわからないけれど、彼の正しさを認めて、自分にとって有益だと理解してついていったのだと思う、わたしもそうするほうが賢いと思う、思うんだけど、気持ちがやたらに反発する、「あんな奴についていってたまるもんか!」と思う、どうしたものか

わたしは大人になってもこのままなんだろうなあと思うよ、ちっとも賢くない、そうした方が賢いしお得だとわかっているのにそうできない、生徒なんだから先生を必要とした方が先生自身もきっと嬉しいだろうなと思うけど自分が好きな人にしか甘えたくないし好きじゃないから話しかけたくない、ご機嫌取りは凄まじくめんどくさい、何かしでかすと先生の間であいつがどうしたこうしたって話しているのかと思うとすごくいや、小学校3年生の時に読まされた高学年になるにあたっての心得のようなプリントに「損得で物事を考えるのは3年生まで」と書いていたのを思い出す

わたしらが進路についてきちんと考えていなさげなことについてひどく悲しんでいたけれど、生徒の側からしたら周りを見ながら(こんなんで受かるんだろうか)って何か月も前から思ってたし、みんな先生にどう怒られずに過ごすかとか、そんなことばっかり考えてるよ、先生が悲しむことも生徒になめられないように生徒が世の中をなめないようにキツめな制裁を加えるのも情緒の動きとしてはなんとなくわかるけど(予想でしかないからはっきりわかるなんて言えない)、でも、なんだかなあ

~~~~~~~~~~~~

切り替えよう~~もう話の終着点が見えない

あとなんかもうひとつ文句言いますけど、教室でいないやつの悪口言ってる女がいて心底腹が立った、今これも同じことしてるっちゃしてることになるけど、隠れてやれよと思う、人前で陰口をたたくな、陰口たたくならもっと陰でやって、すっごく不快、不快物質が出てるのかしらと思うくらい陰口をたたいてる現場の雰囲気って悪い、女同士だと特に「あいつよりわたしは上等」みたいな空気さえ感じて気色悪い、仮にそのけなされている女がわたしの嫌いな女だったとしてもそういう人たちよりはよっぽどいいなと思う、そうやって人の見えないところで勝手に仲間意識を持つな、その人に対して嫌に思う気持ちもわからんではないけど明確に表に出さないでほしい

~~~~~~~~~~~~

ここ最近楽しい話ばかり書けていたように思うんだけれどこんな読んでも誰も幸せになれないような話で申し訳ない。昨日から今日にかけて1日これを聴いてました

www.youtube.com

曲自体は一生一緒にいてくれや的な普通のラブソングなんですけど、

ここにいるよ どこにいるの君は?Just only you

力尽きても全てあげるよ Just only one 

ずっとこのままいたいような 他に何も要らないような

すぐにこの手から離れて 消えてしまいそうな

本当の愛はなんて意外なものなんだろう

世界が違ったように見える

 ってところがむちゃくちゃ好きで、理由はよく、わかんないんだけど、メロディも心地よくて、すきです、こればかりきいている

学校から帰るとき、本格的に耐えられない日は学校にいる間からイヤホンをして全部遮断して帰ります、今日も遮断していた、途中で友だちに話しかけられて少し距離の取り方がわからなくなった

本当の愛ってなんぞい、わたしはここにいます、力尽きても全てくれる人はどこです、力尽きても全てあげる人はロードスターくんなのかな、ロードスタァ~~~~

あ、今日の晩御飯は餃子でした。帰ってきてすぐにお風呂に入って汗かきながら餃子食べて、口の中のやけどをすいかで冷やして、パソコンを開いて今これを書いて、このあとは本でも読んで眠ります。もう今日はだめだ~~~寝よう、おやすみなさい