読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20160827:千年女優・パプリカ

今敏監督の作品大好き(と言いながらパプリカしか観たことはなかった)なのだけれど、千年女優はなんというかこう、、、パプリカ以上に複雑だった(´・_・`)パプリカも「今は夢!?現実!?」ってなる瞬間が時たまあったけれど(原作は特に訳わからなかった記憶、読んだの小学生の時だから今読んだら違うかもしれない)、千年女優は映画の中と現実が交錯しまくる、ある意味では「今は虚構!?現実!?」って感じです。

芸能界を引退して久しい伝説の大女優・藤原千代子は、自分の所属していた映画会社「銀映」の古い撮影所が老朽化によって取り壊されることについてのインタビューの依頼を承諾し、それまで一切受けなかった取材に30年ぶりに応じた。千代子のファンだった立花源也は、カメラマンの井田恭二と共にインタビュアーとして千代子の家を訪れるが、立花はインタビューの前に千代子に小さな箱を渡す。その中に入っていたのは、古めかしい鍵だった。そして鍵を手に取った千代子は、鍵を見つめながら小声で呟いた。

「一番大切なものを開ける鍵…」

少しずつ自分の過去を語りだす千代子。しかし千代子の話が進むにつれて、彼女の半生の記憶と映画の世界が段々と混じりあっていく…。

Wikipediaより引用

あらすじはこんな感じです。観ている途中、千代子の半生の話を聴いていたはずだったのに、実は映画の話で、みたいなことの繰り返しで、結局どれもこれも彼女自身の話であって彼女自身の話ではない、みたいな感じ(つたわれ~、、、)。

序盤、千代子は偶然出会った絵描きの男(「鍵の君」と呼ばれる)と恋に落ちるのですが、彼は思想犯として追われる身。少しの間家で匿っていたのだけれど、結局別れることになります。その時彼が落としていったのが、上記に書いてある鍵なのです。彼女は、鍵の君にもう一度出会うべく、鍵を返すべく時には常識破りなくらいはちゃめちゃな感じに奮闘していくのだけれど、どれもこれも彼女自身の経験として語られているというよりか、彼女が演じてきた映画のワンシーンを組み合わせてその中に鍵の君要素が織り交ぜられているという感じ、うう~~~んむずかしい。だめ、もう一度観ないとだめです。

千代子さんは若い時も老いていてもとてもかわいいし綺麗!序盤(終盤にも出てくる)の宇宙船(?)に乗って出発する直前の目のきらきら感が素敵。映像も艶やかで鮮やかでどこかレトロで、綺麗です。千と千尋と一緒に賞を貰ったというのは知らなかったのでびっくり!

作品世界が、現在過去未来、と時空を越えた“入れ子構造”となっており、絢爛たる輪廻転生譚となっている。―Wikipediaより引用

 ですって。わたしの乏しい理解力じゃ、一回じゃだめみたい。笑

でも物語の随所に蓮というワードが頻発します、蓮は仏教で輪廻転生の象徴。そういうことなのかもしれないね。

~~~~~~~~~~~~

パプリカの方は2回目でした。いや、前借りたとき何回か観た気がするから3回目かな。とってもおもしろかった~~~、パプリカやっぱり超絶可愛いです、色っぽい、可愛い、色っぽい

親の前で観ていたので若干気まずい部分はあったのですけれど、やっぱり面白いなあ。誇大妄想症に陥った所長やその他いろんな人が言う気狂いな台詞(オセアニアじゃあ常識なんだよ!笑)、大好きです。単に難しい単語を並べただけだと中二病みたいになっちゃうんだけど、さほど難しい単語を使わずに文章が破綻している感じを出すって結構難しかったり、絶妙だったりすると思う、特に所長のシーンは今日改めて見て、途中までは普通に話しているんだと思っていた、言語感覚や大名行列に並ぶたくさんのモノたちやお人形、作品の持つ独特の不思議さ、なんていうんだろう、、、、もうあの、、、好き(´・_・`)

二作品に共通するのが平沢進さんプロデュースの音楽。むちゃくちゃフィットしているし妙な中毒性があって、映画観た後いつも聴き直してしまいます、やっぱりすごいなあ、いつも宗教っぽさをどこか感じるのはわたしだけかしら

昨日実は夜中に映画『AKIRA』を観ました。映像も内容もすごかった、台詞を言う時の口の動き、一挙手一投足、建物や背景、全て細部まで描きこまれているというか、日本のアニメってこんなにすごいんだなあ、と思った。それは千年女優でもパプリカでも、新海誠作品でも思うことだけれど、日本が『アニメ国家』である所以は、決して深夜アニメの発展やアキバみたいなヲタク文化特化型都市があるから、だけではなくて、こうした細部までこだわられたアニメーション映画がたくさん生み出されているからなのかな、と思いました。映画だけじゃないね、エヴァンゲリオンとか、すべてのanimationを含めて。です。実写ではできないことも、アニメならできる。

今敏さんの作品、また借りて来てみようと思います。パプリカはきっと一生好きな作品のひとつに確実に入る、そんな気がします。あとで千年女優もう一回観る。おわり。

www.youtube.com

www.youtube.com