読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20160820:東京タワー

日記 疑問

あの、小鳥が歩いているのを見かけたことはありますか。

追いかけてみたことはありますか。

彼ら、すごく速くないですか。

今日自転車を降りたら駐車場に小鳥がいたのでそーっとそーっと追いかけたのですけれど、歩くさまを文字にするとトコトコトコトコトコトコトコトコ(BPM:600)って感じ、むちゃくちゃ速い。どうしてなんだろうなあと思いながら家の階段を上がって、自分の部屋に着いたタイミングで「スカイダイビングの人が着地の時ばたばた歩くみたいに、小鳥も空から着地するとき歩かなきゃいけないからか」と気づきました。真実かどうかは危うい。あと、天敵が多いからゆっくりしていられないとかね。でも都市部に天敵なんてそんなにいるのかなあ。なんにせよ小鳥はかわいらしゅうていたりです。

~~~~~~~~~~~~

甲子園に友だちの友だちが出ていたらしい。友だちの友だちと言うともう他人ともいえますが、友だちの友だちがわたしの友だちになった経験もあるので、もはや友だちと言っても過言ではないのだと思う。いや、過言だけど、それにせよ友だちの友だちが甲子園に出るならもっと別の筋を調べて行けば友だちの友だちの曽祖父は大地主、とか、友だちの友だちのお母さん世界的バイオリニスト、とか、なんかそういうことがもっとあってもいい気がする。あるけれど知らないだけのような気がする。だって、わたしの友だち(この際知り合いでも可)が、まあ、350人くらいいるとして、それぞれに知り合いが同じくらいの数、と見積もったらそれはもう莫大な数だし、繰り返していけば知り合いの連鎖でできた市町村が出来ちゃうと思う。人間のつながりというのはおもしろい。

とはいえあんまりにも「友だちの友だちが」トークをしていると「俺の父ちゃんパイロット」的な自慢みたいではずかしいのでやめます。

~~~~~~~~~~~~

何もかも永遠に先送りし続けることは誰にもできないし、いまいるところに留まり続けることも許されない。望むと望まぬとに関わらず、我々は変化していく。それは必然であり、希望であり、恐怖である。夕立は降るし雷は落ちる。ハルジオンは咲き乱れる。始まりは唐突にやってくる。

突然に - bronson69の日記

学生なので定期的に明確な変化が訪れます。1年経てば称号が変わって、3年ごとに学校も変わる。来年はまた大きな転機を迎えます。

子どもの身分としては、小学校から中学校も、中学校から高校も、あんまり大きな転機だとは思っていませんでした。いや、中学校から高校は、受験もあったしそれなりだったかな。でも受験終わったその日に(なんか本番は塾でやってたのよりも簡単だったな、、、)って思っていたし、即日自己採点して余裕で合格ライン超えていたので、合格発表の日は家で寝てて、友だちの「ほとけ受かってたよ!」って報告で目を覚まして、ネットの発表でちゃんと確認して、わ~、受かった~、って感じでした。無感動も甚だしい、でも一応安堵はしていたのだと思います。速報観ながら、『あ~~○○高校に出願してれば受かってたな~』とか言った具合にして。やなやつやなやつ、です。

大人になったらどんな生活なんだろう。今よりも四季を明確に感じられるようなことがないから、もっと積極的に四季を感じに行きそう。お花見もやたらしちゃいそう。1年がすごく短くなりそう。

変化は怖いけれど、でも留まっているのもつまらない。わたしはわたしがどんな大人になるのか、それがたのしみです。

~~~~~~~~~~~~

そういえば今日は模試でした。国語のテスト、8割も取れたよ。まぐれだとは思うけれど、現代文で点数取れると、『きみは読解力に優れています』と認めてもらえたような気がしてうれしい。でも時々、選択肢とわたしの解釈が食い違ってビビる。「ちがうちがう!そうじゃないでしょ~~!!!」って思う。あるいは「えっあそこってそうだったの!?」ってなる。

最近わたしに擦り寄ってくれる(?)友だちに冷たくしすぎている。気遣わなくてもいいかな、と思っちゃう。

気を遣わないことが良いこととは思いません。おなじ『気を遣わない』にもいろいろあるし、親しき仲にも礼儀あり、を踏まえたうえでの気を遣わない、ならいいと思うんだけれど、友だちだから心無いことを言うし、塩対応だし、それも愛情、気を許しているから故、とか言う人見ると、甘えてんじゃねえよと思う。そんなことしてると、そのーうちーだれーもいなくなーるーよー、です(B'z)。love me,I love youを聴くと、毎度戒められます。

と言いながらわたしは自分の悪を自覚しつつ心無いことを言っている。彼女に悪いなという気持ちより、彼女に対する態度を観ている周りから怖がられそうだな、って思います、あと模試の度に案外解ける自分を甘やかして調子に乗りすぎている。戒めよわたし。

今日も今日とて眠いな。明日は一日おやすみです。本読まなくちゃ。昨日湯船浸かれなかったから、浸からなくちゃ。早くお酒が飲めるようになりたい。デートがしたい。恋人がほしい。一緒にいてくれる人がほしい。東京タワーに上りたい。東京に旅行に行ったときに「東京タワーに上りたい」って言ったら「興味ない」と言われてショックでした。登ってしまったら確かにタワー自身は見えないけれど、これまでずうっとランドマークとしてがんばってきてくれたのに、スカイツリーができた途端ホイホイスカイツリースカイツリーって、都合がいいにもほどがあるじゃないか。それにあのうすぼんやりとした赤もすてきじゃないか。ノスタルジイという言葉をきみはしっているのかっ。

趣味趣向は人によって違うので、文句を言えるところではなかったのだけれど、でもショックだったなァ。電気ブラン呑んでみたいなァ。18歳になると急にできることが増えるのに、20歳までお酒もたばこもおあずけなんだもんね、いやになっちゃうね。

あ、今江國香織の東京タワー読んでたんだった。続き読まなきゃ。じゃあまたね。おやすみなさい。