20160816:ぼくのなつやすみ

『ご査収ください』と言う言葉、なんだか格好いい。

ちなみにご査収とは

金品書類などを調べて受け取ること。 「御-ください

 とのこと。ふう~~~ん。日本にはなんというか、他の簡単な言葉でも置き換えられるのにわざわざ別のを用意した、みたいな言葉が多い気がします。これだって、別にご確認くださいでもいい気がする。それじゃあ受け取るという要素が含まれないのか。

そう考えると英語って簡単じゃ~~んみたいな気もしてきますが、実際そうではないからふしぎ。しかし日本語と言うのは難しくもうつくしい、昔このブログで一度花曇りの話をしましたが、五月晴れやら五月雨やら(五月多いな)、日本語には天気を表す言葉が多くて素敵です。でもたぶんわたしが外国人で日本語必修の人間だったら(こんなに天気表さなくても!!!!!!!晴れ雨曇りだけで充分だろ!!!!)って思ってたね、たぶんね。強制的に勉強させられる物事について人間は興味を失ってしまうのではないかしら。でも日本史はすき。だからこの命題は偽。

時たま「窓の水滴がすごいね」「結露だね」「飽和水蒸気量超えているね」などという会話をしていると「頭良さそう」なんて言われるんですけど、頭がいいのではなくて、これは、頭がいいのではないと思うのだけれど、つまりじゃあこれはなんなのかと言われると良くわからない。でも成績は別によくないし、わたしが頭いいわけではないということははっきりとわかる。これは、じゃあ、なんなのだ

~~~~~~~~~

また日本語の話なんですけど、『よくわからない』の『よく』は『良く』なのか『よく』なのかわからない。どちらでもいいのか。Betterという意味の良くなのか。そうでないとしたら『よく』とはなんなのか。よりはっきりと、ということをBetter、つまり良いという漢字で表しているのかな。。。なんか小難しくなってきた、やめましょう

~~~~~~~~~

明日から学校です。実質的には夏休み、短かったはずなんだけれど、そこまで短くも感じなかったな。毎回だらだらする期間が長いか短いかだけなので、あんまり期間の長さは関係ないのだと思う。『流行ものファック!気に入らねえ!』みたいなことを昨日言っておきながら、あたらしい靴を履いて出かけるのはルンルンだし、明日はお友達とお昼を一緒に食べに行くので素直に楽しみです(なおこの記事を書いた直後に明日は午前授業ではないということが判明、夜に持ち越しになりました)。

~~~~~~~~~~~~

昨日は深夜に男友達(彼女持ち)と朝までLINEしていました。

hotoke-no-face.hatenablog.com

この彼です。

というか、彼が電話で、わたしはPCだから話せないので、文字会話で応戦。彼の課題が一定のところまで終わるまでの耐久勝負でした。夕方に銭湯に行ったので早く寝ようと思っていた(帰ってきてからレジオネラ菌の話などを読んで少々怖がっていた)のですが、結局1:00~5:00くらいまでLINEしてしまった。朝まで耐久のLINEは彼とは1度、他の人とも何度かあったように思いますが、彼との話は尽きず、また朝が来るのがとても早い。1分1秒が半分のスピードに感じられるようです。深夜まで起きているという背徳、相手が異性であるという事実、段々馬鹿になっていく頭、この三条件が揃うと、お互いお酒も飲んでいないのに突如として暴露大会の様相を呈し始めるのです、これが非常におもしろい。

今でこそLINEという文明の利器(煩わしいことも往々にしてあるけれど)があるのでこんなことができますが、昔の若者諸君は朝まで電話なんてしていたのかしら。あるいは、直接会って朝まで話すとか、あったのかな。お泊まりとかすればあるか。お泊まりもそうですけど、深夜という時間帯には不思議な魔力があるように思います。理性がなんとなく薄れていくというか、「ええい言ってしまえ!」と思って、普段は口が裂けても言えないようなこと、今までで一番恥ずかしかったこと、目撃して以来ずっと心のうちにしまっていた両親の秘密、などを軽々と話してしまう、これはお互いの『絶対にこの人はこの夜のことを誰にも(少なくとも互いにとって近しい関係の人には)話さない』という信頼関係の上で成り立つことですが。

彼も言っていたけれど、わたしたちは感覚が近い。のだと思います。わたしは彼の恋人のことがとても好きだし、まあ、彼のことは男の子としてはどうとも思わないけれど、友人としてはとても好き。彼に恋人がいなければ、彼が女の子だったならば、もしくはわたしが男の子だったならば、もっと自由に遊べたのだけれど、とは思うし、現在こうして深夜までお話したりすることが彼と彼女の関係に亀裂を及ぼさないのか不安ではあるのだけれど、彼女はわたしのことをとても好いてくれていて、なおかつ『彼氏を取るような人ではない』と信用してくれているそうなので、とてもありがたい。し、たぶん彼とわたしが同性だとこの関係は成り立たない。異性だとまあなんだか、何言われても許せちゃう、みたいな節がある。

自分の乏しい恋愛遍歴を思うに、これくらい仲良くなった(しかも一晩にして、とも言えるくらいの短期間で)男の子は今までにいなかったし、好きになってしまっても不自然ではないのだけれど、恋人がいるのもあるし、その気配はあんまりないので、きっとタイプではないんだな、と思う。笑

でも、彼に恋人がいない状態だったら、きっとそういう風になっていたかもしれない、あるいはこれからなることがあるのかもしれない、とは思った。でも、わたしは彼のことを男の子としては好けないのだと思う。

~~~~~~~~~~

わたしは褒められてもすぐに否定してしまうけれど、彼はきちんと言葉にして「いいと思う」などと褒めてくれるから、「おまえはいいやつだな~~~!!!!」って言いたくなっちゃう、でもせっかく褒めてくれるのにすぐそんなことない、だめ、わたしなんかだめ、だめ、みたいな風だから、申し訳なくもなる。あとで謝ろ。

あとしてみたいデートプランを伝えたら「それすごくいい、やばい、ほとけとデートしてみたい」と言ってくれて、すごくうれしかった!

彼のことを好きとか好きでないとかそういうことではなくて、男の子にそういってもらえる、という事実がうれしかった。自信が持てた。しかしこれを男の子にアピールしていこうにも「ね、おすすめのデートプランがあるの、聴いて」と言ってごほんごほん、と咳払いなんかしながら読み上げるのも不自然だし、う~~んどうしたもんかな、とは思う、でもわたしの長所がまたひとつ見つかった気もする、収穫です

というか、デートなんて何したってたのしい。それは違いない。だって好き同士の二人が寄り集まってお出かけしたり一緒にいたりするんだから、二人きりで布団にくるまっているだけでも幸せに違いないのに、たのしくないわけがあるか!

ちなみに先方にサジェクトさせていただいた案としてましては、『一緒に銭湯に行って風呂上りにフルーツ牛乳を飲む』『図書館に行っておもしろそうな本を一人一冊ずつ借り、それを相手に読ませる』『デパ地下で漬物を買い漁り、おうちでお米を炊きまくって米と漬物でハイになる試みをする』などがありました。恋人同士と言うよりは夫婦のデートだねと言われた。『レンタルビデオ屋で絶対におもしろくなさそうなタイトルのものを借りてきて観る』『外国のグミを買ってきて利き味対決』も楽しそう、あと『ジャンプを買ってきてどちらがよりリアルに読めるか音読』なども可。デートで行くなら植物園、山、海、川、あ~~恋人の服の趣向も知りたいしこんなの好きだなって言うの着てみてほしいので服屋さんもたまにはいいですね。ていうかデートの妄想楽しすぎか。

~~~~~~~~~~~

現場からは以上です。最後に昨日行った銭湯が最高すぎたので銭湯の話をします。

銭湯にひとりで行くのは初めて、だし、最後に公衆浴場に入ったのは父の実家近くの温泉で、母とふたりだったしいつも混んでないし、地元の小さな銭湯、みたいなところに行くのは昨日が初めてでした。小さい頃はよく銭湯行ってたな、”スーパー銭湯”という字面にどことなくエクストリーム感を感じていた。

行こうとしていた近くの銭湯が定休日だったので、別の銭湯まで歩いていきました。地図で見てはは~~んあそこね、と思ったはずだったのに、なぜか30分くらい迷ってしまった。たどり着いたときはすごい感動でした。笑

お風呂は昔ながらの感じで、番台のおじさんがいて、お金を払って、女湯男湯に分かれていて、みたいな。昼のセント酒で見た通り、湯桶はケロポン、シャワーはうごかない、石鹸もない、ロッカーのカギは金属板で足に付けて、みたいな!大きな鏡、扇風機、椅子に座ってお金を入れるとパーマ機みたいなドライヤーが髪を乾かしてくれる機械(20円、もちろん使った)、公衆浴場だ~~~~!!!って感じでした。おばちゃんおばあちゃんばっかりだったなあ。

最初は勝手がわからなくてあたふただったけれど、段々わかってきて、熱いお風呂、水風呂、超音波風呂(要はジャグジー)、電気風呂、サウナ、大きくはない浴場だけれど、家の湯船よりは何倍も広いのでとっても気持ちがよかった!特にジャグジーの湯温がぬるめでいつまでも浸かってられそうでした。電気風呂はめちゃくちゃ痛かった。笑

お風呂上りはフルーツ牛乳を飲んで一息。サマージャム的に行くならそのあとぷらっとしてスイカでも食べて花火したかったんですけど、雨だったので断念。

Twitterのリア垢で呟いちゃったからちょっと怖いけど、アポロのイチゴチョコの安っぽい感じとか、フルーツ牛乳の人工的なフルーツみとか、高級感を出しちゃいけないものって絶対にあるなって思いました。あれはあのままでいい。銭湯もあのままでいい。でもレジオネラ菌とか、今は少し怖いものもあるから、身体が元気な時に行った方がいいかも、とは思います。とってもいいお湯でございました。また近いうちに行きたいなー。

そんな感じ。史上類を見ない長さになってしまった。夏休み最後、たのしみます。それでは。