20160807:七夕棚ぼた

今日は恐ろしく暑い一日でした。講習最終日だったけれど、炎天下に放置されたガリガリくん、みたいな気分でした。ふっと気を抜くと液状化しそうだった。岐阜は明日40度越えとのこと、もうそれは風呂です。熱中症など怖いので、そちらの方にお住まいの方は本当に本当に気を付けてくださいね、健康第一です、暑くて死ぬくらいならクーラーでおなか冷やしましょう

~~~~~~~~~~~

北海道は今日が七夕です。でもなんにもしてないな、笹も飾っていないし短冊にお願いごと書いていないし、天の川も確認していない

ちなみに北海道の人はフレキシブルな脳みそなので(個人差あり)7/7にも8/7にも七夕をお祝いします。お祝いと言うか、ほとんどなにもしないのだけれど、どちらも七夕気分なので、北海道だけ織姫と彦星が年2回会ってる感じです。それならいっそ1か月おきに2回じゃなくて6か月に1回とかの方がいい気がするんだけれど、天の川の都合的にそうはいかないみたい。日本以外にも七夕ってあるのかしら?

春には七草粥を食べて、節分には年の数だけ豆を食べて、桃の節句にはひなあられを食べて、端午の節句には菖蒲湯に入って、七夕の日には笹を飾って、十五夜にはお団子を食べて、冬至には南瓜を食べて柚子湯に入って、大晦日には年越し蕎麦を食べて、お正月にはおせちを食べて、、、きちんと年中行事を守る、そういう生活がしたいなあ、柚子湯は特にいい匂いがしそうで入ってみたい、すてきです

実際今実行できているのは桃の節句端午の節句、しかもひなあられでも菖蒲湯でもなくキャラメルコーンの桃味とローストアーモンド味(だっけ)です、なにか違う気がする

大晦日の年越し蕎麦、年越すタイミングで食べるのか大晦日の夜ご飯に食べるのかわからないし、年越すタイミングはたいてい満腹なので年明け蕎麦になりがちです。我が家はおせちもないし、煮た餅より焼いた餅の方が好きなのになかなかありつけない、むつかしいところ。一番好きなのはおしるこ。

~~~~~~~~~~~

お風呂に入るとき、いつもシャワーだったのですが、昨日お湯に浸かる喜びを再確認したので、毎日お湯に浸かるようにしようと思います。フリッパーズ・ギター[SPEND BUBBLE HOUR IN YOUR] SLEEP MACHINEを聴きながら過ごすバスタイム、最高でございました

髪を切ったので髪を洗ったりするのに使うお湯の量もそんなに多くなくて済むし!最高です、脚すっきりするといいなあ

~~~~~~~~~~~

 キッドナップ・ツアーというドラマを観ました(詳しくは下の記事をクリック)

hotoke-no-face.hatenablog.com

全然作品と関係ない所だからレビューには書かなかったけれど、作中の妻夫木のふざけた表情が好きな男が時々するそれに似ていてなんだかとてつもなく悲しくなった、ぼろぼろ泣いてしまいました

時々卒業式に出る自分を空想します。答辞を読みながら言葉に詰まるわたし。式が終わった後、友だちと抱き合うわたし、ファンだった男の子と写真を撮るわたし、頑張って好きな男に話しかけるわたし、きっと泣いちゃうだろうなあとか、なんだかいろいろ思う、たぶんこれを卒業式の日に読んだら気色悪くて嫌になっちゃう

高校生活の中にはやっぱり合わない人、苦手な人、好きな人、いろいろいたけれど、みんながみんな、それぞれ素敵なところを持っていたのだと思います。たまたまわたしには合わなかっただけで、他の人からしたらそのわたしにとって嫌な部分がぴかぴかの宝石に見えることだってきっとある、だから人の悪い所だけを切り取って悪口を言ったりするのは、本当に愚かしいことです、だってそれは自分にとって苦手なだけなんだから。。でも逆に言えば、自分が嫌だなと思っているところも人からしたら素敵に見えているかもしれない。そう思うと自信が持てる気がします。

わたしが好きな人たちはほんとうにみんな、みんな素敵な人です。きちんとそれを伝えられている人もいるけれど、伝えられていない人もいる、彼ら彼女らが自身をどう評価しようとも、わたしにとってあなたたちが素敵であること、だいすきな人であること、それはきっとずっと変わらないんだよって言いたくなる、抱きしめたくなる

特に好きだった男の子には本当に、きみのおかげで高校一、二年生のわたしは全部全部あきらめないで生きられたよって、本当にありがとう産まれてくれて生きててくれてこの高校に来てくれてわたしに関わってくれてたくさん話して接して笑ってくれてありがとう、って、言いたいなあ、言いたかったなあ

好きと言われて嫌な気をする人はいないけれど、困る人はいると思う、きっとそれが彼だった

そろそろお風呂の時間です。イエモンのSONGS超よかったです。ライブでバラ色の日々聴いたら感動凄まじいだろうなあ、明日はオープンキャンパスです、それでは、おやすみなさい