読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20160802:夏の星座にぶら下がりきれなかった

今日は花火大会でした。浴衣を着て、1回じゃきれいに着れなくて、着方をきちんと見返してもう一度。基本を学びなおすというのはとってもだいじなことだなあと改めて思いました。2回目はきれいに着られた!うれしくて波田陽区の真似をしながら写真を撮りました。あと待ち合わせを30分間違えてて友だちを待たせてしまった。ごめんね。

肝心の花火は土砂降りで、見る前に帰ってきちゃいました。おうちに帰るころにちょうど打ちあがっていて、部屋から2、3発見て、そのままご飯食べて、そうしたらもう、終わっていた。

雨あがりの町は空気中の水分とわたしが発する汗とが混ざり合って融け合っていくみたいで(U次郎さんも前おんなじようなこと言っていた気がする)、雨が降る直前の大気には目に見えない雨がたくさん浮かんでいて、それが全部まとわりついてくるみたいだった、あまり気持ちがいいものではなかったけれど、あの匂いと空気が夏そのもので、今五感で夏を感じている!と、いう、かんじ、でした。帰りに寄り道したのだけれど、静かな道に響くわたしの下駄のカラン、コロンが心地よかった。浴衣はひとりで着るのが靴擦れもしなくて一番良いかもしれない。

そういえば、結局高校3年間、きちんと皆勤賞で花火を観に行って(学校は皆勤賞じゃないのに)、2年間同じ友だちに会って、2年とも彼女は男の子とふたりで観に来ていた、すごいことです、でも彼女と彼にはきっと何もないのだと思う、なおさらすごい

わたしは本当に結婚できるのかな?とか、この先本当に男の子とそういう仲になれるのかな?と思うんだけれど、未来のことは未来のわたしにしかわからないし、なんだって想像した通りにはならないから、何を想像したところで、不安に思ったところで、どうしようもないのですよね。それでも定期的に考えてしまう、どうしてなんだろう、定期的に忘れているんだろうか

好きな人にきちんと好きや素敵を言わなきゃと思うばかりで何もできない、ということもそう、『でもわたしとはもう関わりたくないだろうな』と、そう言われたわけでもないのに、思い込んでいる、逃げているだけでしょうって思う自分もいるのに、わたしの口や手はうごかない、なんでなんだろう

にげているのかな?

~~~~~~~~~~~

ここ数日勉強してません。明日からは講習です。またがんばらなくちゃね。気合入れなおし。入れていた気合いなんてないか。

わたしだけなのかわからないけれど、自分で自分にブレーキを掛けていることが多すぎる気がします。かわいらしい服や小物や、そういうものを見ていると「いけない、わたしはこういうんじゃない」と思って、さっと手放してしまったり、デパートの化粧品売り場が怖くて、特にジルスチュアートの前なんか脂汗出さずには歩けなくて。。

なんだか男の子が少女漫画をレジに持っていくみたいな気持ちになるんです、あるいはスカートや口紅でもいいけれど、女でありながら「女らしい」を毛嫌いしている、というか自分はそういう感じじゃない、と思い込んでいる、なんかこういうこと前も言った気がする

だからわたしはいつまでも「女の子」のままなんじゃないか?わたし自身がわたしが女になることを妨げているんじゃないか?と、思うのです、それじゃいけないのかと言われるとわからないけれど、休みの日はキャミソールとショートパンツ一枚でいい女を演出したり眠る前に香水振ってみたりこっそりリップを色つきにしたりかわいい下着を買ってみたり、間違いなくあたしの中に女は眠っているのに、たぶん発想や考え方は人一倍毛嫌いしている「女らしい」に近いのに、無意味に自分で抑圧している気がします

自分は女としてかわいくないっていう思いがあるんだろな、きちんとかわいいよって言ってくれる男の子に早く出会えればいいのにねって思う、女の子のかわいいはあんまり信用できなくて、みんな嘘はついてないってわかるんだけど、そのかわいいは佐々木のぞみに向けられるかわいいじゃなくて、ハムスターに向けられるかわいいだよね、愛玩動物じゃないのに愛玩動物ポジションにしかなれないんだね、わ~~ん

いろんな人が好いていてくれているという幸福を享受せずこうやって男に好かれる云々とか考えてるの罪にちかい。っていうかみんな勉強しているのに勉学に励むこともなくパソコンいじっているのも罪深い。背徳。きもちがよい。

~~~~~~~~~

なんか今日全体的に鬱々している!きちんと文章が書けないのはながら書きが多いからだと気付きました。改めます。明日から早起きしなくちゃ。げんきだしてわたし。それじゃあ、また。おやすみなさい。

追記:ブログ読み返してたんですけど自分で書いてるのに結構笑っちゃったりして、わたしこのままでも素敵かもしんない、おまえおもしろいかもしんない、見たいな気持ちです、最近冴えないけど、でもなんか、ちょっとげんきになった、よかった