読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20160711:ユスリカをゆする

会いたいと思ったら、会わなければいけない。好きな人がいたら、好きだと言わなければいけない。花が咲いたら、祝おう。恋をしたら、溺れよう。嬉しかったら、分かち合おう。

自分の教科書を5冊あげてみた。 - murmur
日日是好日―「お茶」が教えてくれた15のしあわせ (新潮文庫)

日日是好日―「お茶」が教えてくれた15のしあわせ (新潮文庫)

 

はっとさせられた!

わたしのブログの最初の読者になってくださったtsugumigumiさん(IDでお呼びしていいのかしら)の記事で紹介されていた本で、わたし、記事をさっき読んだのでまだこの本自体は読めていないのですが、引用部分ですでに素敵で、「好きって言わなきゃ!!!!!!!!」な気持ちにさせられました。最近こんなことたくさんだな。。ほんとに、きちんと言わなくちゃね。お金が入ったら買ってきます!!!読みます!!!

~~~~~~~~~

今日のことをなぞりましょう。

今朝は新井浩文さんに「かわいい~~~」って言われる夢で目を覚ましました。笑

すごい幸せだった、新井さんデレッデレだった、自分の姿は映らなかったけれど確実にデレデレでしたね、間違いない、先輩にもなんだか褒められている夢でした、さいこうだったなあ

~~~~~~~

学校はそれなり。体育の時間はいつも開放感からか凄まじくテンションが上がります。そしてすごく疲れてしまう。苦手な女の子ともすんなり話せた、今日はわたし機嫌がよかった。そういえば友だちの友だちがV6ファンだったのです、テストが終わったらDVD借りる約束しました、さいこう、、、素敵です、三宅ファンなのにトニコンのDVD持っているんですって、なぜなんだろう、でもきちんと現実にV6ファンがいることを確認できてよかった。ほとんどインターネットの中にしかいないもんだから、実は虚構だったらどうしよう、とか、少し思っていました

~~~~~~~

放課後は道庁まで自転車乗りまわして睡蓮を観に行きました。とってもきれいだった!しかし蚊柱がひどかった。池の近く、水辺だからか、虫の大群が空中にうようよしていて、ひい~~という感じでした。息止めて走りました。でもこんなにきれいなお花見られたから万事おっけーです、許すぜユスリカたちよ

f:id:BUSSETSU_MACA:20160711210619p:plain

サカナクションの「蓮の花」を思い出します。あの歌すっごく好きなんです、花降る、花降る、水辺。。。

~~~~~~~~~

ていうかこの写真instagramにもTwitterにもあげちゃったのでちょっと危険、でもとびきりきれいに撮れたから見せたかったのです、見つけないで~~~

(ガラケーなので解像度的には微妙、そこは目をつむってね)

本当はね、本当は、放課後もし会えたら、好きな男を誘おうかと思っていたんですけれど、会えなかったので、、、、、会えなかったしそもそも友だちと帰る流れになってしまっていたので、会えていてもだめでした(´・_・`)しゅん

帰り道、バスで帰る同級生とちらほら遭遇しました、学祭で一緒に働いてた男の子とも会って、わ~!って手振ったら向こうもおどろき笑いみたいな顔で手振りかえしてくれてかわいかった、あなたそんな顔してくれるのね!っていう感じでした。でへ~。

っていうかね、わたしの友だちとわたしの好きな男が席前後らしいのですが、その友だちのポニーテールを彼がゆさゆさするんですって、授業中、でもそういうことしても特に好きと言うわけではないのが彼の通常運転で、もう、なんていうか、かまってくんが加速した結果彼は生きているんだなあと思って。。お前何してんだよ~~、な気持ちが拭えない、文句を言える立場にはないですからね(´・_・`)へ~ん

でも最近本当に、きちんと、言葉で、面と向かって、好きって言いたくなります、会いたくなるし話したくなるし、好きと言いたくなる、写真を撮ろうといったとき、なんだかんだで撮ってくれて、まったく嫌、という顔ではなくて、あの表情昔、好きだった男の子も同じ顔してたな、しかも同じように振られてるけどわたしはやっぱり好きで、それでもなお近づこうとしている、という状況だった、あれ、進歩していない、わたし進歩していない、、、、、、、、、、、、、、

~~~~~~~~~

気づきたくないことに気づきそうだったので蓋をしました。なんだかもっと話したかったことがあった気がするのだけれど思い出せない。今日はたくさん自転車を漕いだので疲れてしまった。

あ、そうだ、最近他人から褒めてもらったことをきちんと否定しないで受け止めて、時々思い出すようにしています、人は褒めてもらっても自分が抱く自分への印象を優先しがちな気がしますが、結局のところ自分を判断するのは他人なので、他人の目を信じようと思った次第です。それに何より、褒めてもらったことを思い出すのはうれしいたのしい!

いくら「かわいい」と褒められても、その場では喜ぶとはいえ最終的には「いやわたしはかわいくない!」と否定してしまって、常に苦しいような状況にいる友人を目にしています、彼女は悪い人ではないしそういう状況の時に下手に苦言を呈すようなことを言うのは彼女を殻に閉じ込めさせる原因だと思うので言わないけれど、う~~ん、でもいつか気づく日が来るんだろうなあと思います。今気づいたようなこと、昔からいろんな形で目にはしていて、でもどうしても素直にその、言うことを聞けないような、そんな気持ちでいて。彼女の気持ちも、ふんわりと、わかる。全部は全然、わかりません、だけど、うん。。今はなんだか、すんなり受け止められています、自分の中の自分へのイメージや評価が変わったのかな、と、思う。思いまする。ぞ。

あたしは顔はさしてかわいくないしスタイルも微妙ですが、分け隔てないとか、ごはん食べる時とびきり幸せそうとか、人望が厚いとか(肝心な時にみんな助けてくれるかというとそうでもないと思うので、わたしはあんまりそうは感じていないんだけれど)、そういうところに魅力の重心が置かれているのであって、だから今のままでよいのだと、思っています。

自分に満足しすぎたり自己評価を高くしすぎるのもよくはないと思うけれど、自分に魅力があること、またそれがどんなものであるかということ、それを把握しておくことは、どんなアクションを起こすにしても、必ずわたしの背中を押してくれるだろうなと思います。藤田さんやはせさんがくれたお褒めの言葉、好きな人が一緒に撮ってくれたツーショット、これは今後しばらく、下手したら一生、積み重なって、わたしを支える基盤になるのだと思う、そう考えると、本当に、ひとりでは生きていけないなあと思います。インターネットやっていてよかったなあと思う。お話ししてくれる方、スターくれる方、このブログを読んで下さる方、いつもありがとうございます。あ~~~んもうほんと、ほんとに、一人じゃ生きていけない、人に助けられてばっかりだ、助けてくれる人がいるということがうれしい、人が助けようと思ってくれる人間になれていることもまたうれしい、生きているって最高だ、ああ

そういえば食べ忘れていたゼリーが冷蔵庫に入っているの思い出しました。明日死ぬんじゃないかと思う。今日も何回か事故りそうで怖かった。慣れない道は結構危ないです、安全運転で生きます。それでは、おやすみなさいませ。読んでくれてサンキューです。週が始まった、強く生きよう、ね。おやすみなさい。