20160624:おこられるのこわい

今日は愚痴ばっかりです。すみません。

学祭が近づいてきました。同級生がみんな浮かれポンチでなんだか落ち込んでいます、こういう時素直に浮かれたかった

同級生に怒られるの超怖いっす、なんでそんなキツいのって具合にキツい、でも実際だめなのはわたしたちなのだろうと思うのでなんとも、厳しいけどまあ仕方ないかみたいな気持ちになるのですが、両親はそんなのおかしいみたいなことを言うし、どうすりゃええねんな具合、彼女は正しいことを言っているとは思う、いやしかし、、、う~~む。

今日は彼きちんと帰らずにいてくれましたよ。そこそこに話した。なんかでも、、、わははって感じ、クラスのイケイケが彼のこと狙ってる臭くてふつうに怖いです、(こわっ)と思って引いちゃう、あ、わたしは全然、大丈夫で~すみたいな感じになっちゃう、だってあの人同じ団体にいるときは全然女には話しかけないからほんと、すごいよ!!!!!!

彼が友だちと話しているのを盗み聞いてはわたしより体重が軽いことに戦慄したり休みの日に半日寝ていることにぐっときたり(間違いなく上下スウェットだ、そうに違いない)、そんな感じでした、つうかイケイケのナチュラルな感じ怖すぎ、あと隣のクラスのイケイケが湘南乃風聴きながら踊っててほんとにこんな、おるんや!!!!と思って感激しました

あ~~~~と~~~~~一緒に作業してる男の褒めてほしさ滲ませ作戦がもう、ひどすぎて、上手に褒めてあげらんないしこっちのストレス値半端ないから他をあたってくれ、ネットの人が褒めてくれるのは近くにいないからだよ、って思いました

それでやってけてんの!?な人間が周りに多すぎる気がしますが、実際にやっていけてるのでこの世の人間は意外と寛容だなと思います。同じこと周りに思われている気がする

あ~~~~がんばりましょう。がんばる。おやすみなさい。