20160604:ほとけのおすすめミュージック(テクノ編③・YMO、クラフトワーク・ちょこっとTOWA TEI)

普通に書くの忘れてました。

昼過ぎに起きて、テスト前だやっべー!!って勉強前に掃除して今に至ります(勉強してない)。

でも昨日下書きを書いておいたので加筆するだけ。ひゃっほ~~う。

シリーズ①、②は以下の通り。

hotoke-no-face.hatenablog.com

hotoke-no-face.hatenablog.com

~~~~~~~~~~~~~

さて、続いておすすめ4組目は

Yellow Magic Orchestra

です。YMOですね。ひゃっふー!

っていうかさっきからYoutube開きながら作業してるんですけど、関連でどんどん飛ばされるから次々知らなかった素敵な曲に出会ってしまっていて、いつまでも終わらねえ!!!って感じです、これは危険(昨日の話ですが)。

さて、YMOは、もう、ご存知ですよね、って、どれくらいの年齢層の方が見て下さっているのかわからないので、一応、プロフィール載せておきましょう

 イエロー・マジック・オーケストラ (: Yellow Magic Orchestra) は、日本の音楽グループ。1978年に結成。通称、YMO(ワイ・エム・オー)。―――Wikipediaより引用

、、、Wikipediaさん、ずいぶん簡素になっちゃったんで、あの、追記でメンバーを。

細野春臣(エレクトリックベース、シンセベース)さん、高橋幸宏(ドラムス・ヴォーカル)さん、坂本龍一(キーボード)さんから成る3人組です。

ぶっちゃけYMOはまだちゃんと聴けてません!!!!ベストは聴いたけど、オリジナルにはまだ手を出せておらず。でもテクノのこと話すなら抜かしちゃいけないお方たちだと思ったのです、ちなみに聴いたのはこちら↓

UC YMO [Ultimate Collection of Yellow Magic Orchestra](Blu-spec CD)【完全生産限定盤】

UC YMO [Ultimate Collection of Yellow Magic Orchestra](Blu-spec CD)【完全生産限定盤】

 

 「気になる!」と思ったバンドはたいていベスト借りて様子を見てしまいます。YMOも、例外ではなかった。。。下調べしていかなかったので、どれ借りたらいいかわからなくて(´・_・`)

YMOを聴いていると、なんだかこう、文明開化的な気持ちになります。古さはやっぱり感じるんだけれど、それでも新しいというか、日本の音楽シーンを切り開いてきた感じが伝わってくるというか、、、うまく言葉にできないけれど、日本の高度経済成長的な映像が浮かびます。そこまで古くないんだけど。

おすすめと言えるほど聴けてないんす、と言うのが正直なところですが、個人的に推したいのがCueです。


Yellow Magic Orchestra "Cue" (overview of the most famous electronic bands)

さっきおすすめしたMETAFIVEでもカバーを載せましたが、こちらは本家。

なんだか、すごく、生々しくないですか。もちろん生演奏だからというのもあるでしょうけれど、それぞれの苦悩やなんかがありありと、滲み出ているというか、、、、、電子音楽っていうと、ロボットを想像したり(クラフトワークはそれを目指していたんでしょうけれど)、なんだかこう冷たい、生身じゃない感じを想像しがちですが、これを聴くと、あっ生身の音楽なんだな、命ある音楽なんだな、って思います。

なんだかあっさりしてしまった。かっこつけずにこれいいぜっておすすめするなら、中国女とか好きです。音がかわいくないですか。日本女ですが中国女の似あう女になりたい。


YMO@LA FEMME CHINOISE (中国女)

読み方、「ちゅうごくおんな」だと思っていたんですが、「ラ ファム シノワーズ」と読むんですって。と思いきやWikipediaにはちゅうごくおんなと書いてある。どっちやねん。格好つけたいときだけ後者で読むことにしましょう、、、

個人的な感想ですが、これを聴いてるとおてんばな女の子を想像します。ストⅡの春麗(ちゅんりーって打ったら一発で出た!)とか、ドラクエのアリーナとか。。アリーナは中国娘ではないのですが。テテテテ、、、のところ、なんか、アリーナを想起させます。

~~~~~~~~~~~~~~~

さて、続いて5組目にゆきましょう。てっぺん越えちまったぜ。

5組目はこちら~!

クラフトワーク

名前の工作感がすごいですよね。ドイツ語で発電所という意味みたいです。

クラフトワークに関してはもう、怒られそうですが、アルバム一枚も聴けてません。怒って。ね。怒って。

TSUTAYAさんにないんですもん、、、、買うしかないんですもん、、、誰か融資してください、あ~~~。。でも今度アンケートサイトのポイントがたまるので買う予定です。ひゃっふー!どれを買おうかな。

さて、クラフトワークでおすすめなのはこちら~

TOUR DE FRANCE


Kraftwerk - Tour De France 03 (live) [HD]

鬼かっこいいな、、、、????せっかくなのでライブ版です。

もしかしてサカナクションはこの直立スタイル真似しているのかしら。と思ったけど、まあ、座ってシンセいじってる人もちょっと見たことないので、こじつけかも。本当だったらこっそり教えてください。。

それと、印象に残っている曲がもうみっつ。

「The model」


KRAFTWERK - The model

このモデルという曲、ヒカシューというバンドがカバーしているのです。


ヒカシュー モデル PV

ヒカシューTwitterのフォロワーの女の子が好きなバンドで、聴いてみよう~と思って聴いたのがたまたまこの曲でした。よく見たらちょっと怖いですね、こ、こっち見んな感がすごい、スマホで歩きながら聴いてたので気づかなかった、、、

ハマって通学中ず~っと聴いてたりしたのですが、そうこうしているうちにスマホを水没させてしまい、聴けなくなってしまって。。。後になってクラフトワークの歌だと気づきました。という、ちょっと思い出の一曲。ヒカシューはおもしろい曲が多そうなのですが、まだまだ全然聴けていないので、これからちゃんと聴いてみようと思っています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「Radio Activity」

※以下、福島原発の話題が入ります。気分を害する方ももしかしたらいるかもしれないので、一応ワンクッション入れます。


Kraftwerk - Radioactivity (Fukushima Version) - No Nukes 2012

これはアジカン・ゴッチ主催の、No Nukesというフェスにクラフトワークが出たときの映像です。「Radio Activity」というのは、放射能のこと。発売当時は放射能のことだけを描いた歌ではなかったようなのですが、発売後に世界各地で原発事故が起きたこともあって(広島の原爆投下は事故ではないのだけれど)、放射能の歌にシフトさせたみたいです。

最初にこの動画を観たとき、衝撃的でした。福島原発の事故のことをこれほどはっきり、、、批判しているのは原子力のことであって、福島という地がどうこう、というわけでないのはわかるのですが、福島の方たちからしたら、ショックだよね、と思って。わたしは道民だけれど、はっきりとは言えない、もやもやした気持ちになります。ちょっとおどろおどろしい曲調も相まって、すこし悲しく、怖く、苦しく、なります。ぐわ~~、文章を書くってこの苦々しい気持ちをうまく表現するってことよね、でもどうしても言葉にできない感情って、ありませんか。

というか、ライブという場だからしょうがないんだけど、「うお~~!」じゃねえだろ!って思っちゃいます、でもなんて言ったらいいかわからないし、わからないんだけど

でも原子力は過ちですよね、コストが安いのも便利なのもわかる、人間が多すぎて他じゃ賄いきれないのもわかるけれど、よっぽどのことがいつ起こるかわからないんだから、いつ人間生活を破壊させられるかわからないんだから。。自分らが死ななけりゃいいのかって言うとそういう話でもない。仮に地球がだめだ!火星に逃げよう!って言ったって、同じことです。惑星からしたらたまったもんじゃない、星のことも考えてあげなくちゃ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「電卓」


Kraftwerk - Dentaku - クラフトワーク - 電卓

かわいいですよね。かわいくないですか。

「ボクハオンガクカ~」のところ、日本以外では日本語じゃないみたいです。クラフトワーク、複数言語でリリースすることが多かったそう。でも電卓じゃ音楽奏でられないですよね(言わない約束か)。

最初のテレレッテーテテレレッレレーみたいなこう、、、イントロ?というのかしら、クイズ番組で聴いた覚えある気がします。気のせいかもしれない。頑張って日本語練習したと思うとかわいいです。

~~~~~~~~~~~~~

つかれました。てっぺんどころか1:00超えてしまった、、、、不覚、、、

しかもMUSIC FAIRにV6さんでてたのに明日だと思って見逃してしまった。わしはばかか。あ~~んもう!明日は早起きして録画消化しなきゃ~~。美酒呑みも二作連続放送です。ひい。

サカナクションSupercar(中期)はテクノに入れるべきかな~って悩んだのですが、次数も字数なのでロックに入れちゃいますね。④まで続ける気力はない。。

では最後に、昨日youtubeサーフィンしていて非常に格好良かった、TOWA TEIさんの「LUV PANDEMIC」を置いて帰りたいと思います。明日からはロック編です。書く余裕あるかわからないけど、頑張ります。よかったら読んでね。

それでは、読んでくれてありがとうございました。(ここちがうよ!)なことあったら、こっそりおしえてください。ではまた!


LUV PANDEMIC TOWA TEI

本気でかっこいいぜ。