20160520:やる気スイッチ

学校祭が近づいてきています。

高校生活最後ということもあってみんなすっかり張り切っていて、張り切っている層と張り切っていない層の格差が激しくて。わたしはと言うと、う~~ん、まあ、なんでもいいじゃない、な気分で。。どちらかと言えば、後者です。

日にちは割と差し迫っているのに、気分が上がってこない。自分が楽しむ側になった経験もなく、どんな感覚かもわからず、あ、決めてくれるのですか、やってくれるならお任せしましょう、という感じで、主体性0、「最後なんだから!」ってみんな言うけれど、おまえら毎年張り切ってんじゃねえか、という気持ちもなきにしもあらずです。

でもやっぱり思うけれど、クラスで積極的に動くと人間性が露呈しがちで、悪いところも見えがちで、悪印象が高まることはその後のクラスでの生活しやすさに関わるから、絶対に生徒会なんかよりこっちの方が気も遣うし大変な気がしています、生徒会は全部終われば無条件に「おつかれさま~~!!!」を言ってもらえるし、どれだけぐだぐだになっても同級生は働いているのを見かけたりしているからたいていやさしい、クラスにいる方がよっぽど大変、今からどう逃げようか考えています。というか、大変な割に学校祭でいくら(クラスで)頑張っても、何の役職も称号もつかないんだからひどい話だ。

当日の仕事はするけれど、仲良くないけど何となくいっしょにいる人たちと回ることになりそうで、普段お弁当食べながら大した会話もしないのに、回るよね?みたいな空気で、まあそうだよね、そうなるよね、と思いつつも、耐え難い気持ちも持っているし、ひとりで図書室でぐったりしていたい、授業がない喜びをひたすら享受したい

勉強しなきゃ~~。しなきゃが募るばかりでできていない、あ~~~。

今日は特に話すこともなく。日々の疲れを短歌のきらきらで消し去ります。それでは、また。明日は講習。