20160509:春とさくらとこぶしの木、母の日おめでとう、他

高校に通い始めて3年目になります。

田舎の高校なので、割と自然に囲まれながら生活しているのですが、春になれば花が一斉に咲きだすし、夏になれば緑が青々と茂るし、秋には銀杏が色づくし、冬には雪が積もって全体的にぼんやり境界が滲んで、その、つまり、四季をすごくはっきり感じられるのです。

今の時期にみられるのは、通学路に咲く桜、こぶし、芝桜、たんぽぽ、つくし、ふきのとう。自転車通いなので、春を肺いっぱいに取り込みながら、毎日学校へ行っています。

しかし、最近通学路を変えてしまったがために、毎春のたのしみを見逃していた!桜も葉桜になるまで見られなかったし、以前の通り道に咲いていた大きなこぶしの木も見られていませんでした。今年を逃すともう見られないかもしれない。今日は放課後友達とアイスを食べて、そのままこぶしの木を観に行きました。カメラがなかったので、写真は撮れていないけれど、まだ咲いていました、こぶし!ちなみにこんな花です。

f:id:BUSSETSU_MACA:20160509205938p:plain

きれいでしょう!白くて、花びらが大きくて。木の下から見上げるとすごくすてきです。風が吹くと桜みたいに地面にはらはらと花が散って落ちるのです。自分がもしおばあさんになって家を建てることになったら、お庭にはこぶしの木を植えたい。ふつうに民家に咲いているのであまりよくないかもしれないけれど、いつも自転車を停めて眺めてしまっていました。今日もしばらく眺めました。きれいだったなあ。

そういえば鎌倉には牡丹(だったかな)も咲いていてきれいでしたね、元来花がすきなのかもしれません。

~~~~~~~~~~~~~

高校も今年で卒業です。学校の自転車置き場に咲いている桜も、実際に下に立って見ることは、もうむずかしい。今年は窓からしか見られなかった。

残り半年とすこしくらいでわたしはほぼ高校生ではなくなって、ブルーハーツを聴いて叫びながら全力で走ることも、川辺で友だちと夕日を見つめることも、自分を含めたきらきらした若さに囲まれることも、たぶん、もうなくなる。許されなくなる。ブルーハーツを聴いて叫んで走ったことはまだないけれど。

職業的女子高生を抜け出せなかったなあ、というのが今の気持ち、女子高生になりきれなかった、今日だってサーティーワンが100円だったのにあまりの人の多さに諦めてスーパーカップ食べちゃったし(スーパーカップってちょっと学生っぽいかなと思ってあえて選びました、おいしかった)、なんだかな~~と思うけれど、こういうもやもやも含めて高校生なんだな、若さなんだな、と思います、今、そう思う

~~~~~~~~~~~~~

今日は遅れた母の日に、母が食べたがっていたクロワッサンドーナツを買って帰りました。何年か前に2時間くらい悩んで悩んで買っていった芳香剤セットよりもよっぽど喜ばれて、う、うれしいような、かなしいような、でした、母よ、あなたは食べ物のほうがうれしかったのね

あまり母の日に何かしたことがなかったので、ナチュラルにそういうことができるようになった自分、すこし、おとなになったのかもしれない、とおもった

~~~~~~~~~~~~~

父も年を取った、ということを最近実感します。学校の担任も父親も所詮おじさんで、自分が正しいと思いたくて、讃えてほしくて、っていうのが目に見えて、うおお~と思います。

まして自分より上にだめなおじさんがたくさんいるから自分がそれに片足突っ込んでるとは思えないのだろうし、わたしがそれについて意見するとかしないとかそういうことではないけれど、頑固おやじみたいになっていくのはちょっと、いやだなあ、と、純粋に思います。う~~~ん。

~~~~~~~~~~~~~

クラスが離れた友達と久々に話しました。彼女、なんだかかわいくなった気がする。それをそのまま思った通りに言えなくて、もう一度改めて言うべきか、考えたりしています。なんだろう、なんだろう。彼女もわたしのこと褒めてくれた。うれしかったです、ありがとう。

~~~~~~~~~~~~~

放課後、自習室で勉強していたのですが、そこに好きな男がいてびっくり。大方課題が終わらなかったのでしょう、ふっふっふ、わかるわよ、あなたのことだものね

彼の声、すごく低いのですが、妙に通るのです。室内に響く彼の声を盗み聞きながら、胸の奥に落とし込みながら、しあわせと若干の緊張と、ああ、やっぱり好きかもしれないなあ、感を抱いてました。おまえの声、すてきだ~~。

スマホに書いていた日記は全部、現段階ではスマホを直さない限り見られないことが判明してしまったのだけれど、生徒会を引退した後から書いていた手書きの日記があったので、昨日はそれを読んでいて、「わ!こんなことあったっけ!」と、ひとりでうきうきしていました。2か月前くらいのわたし、彼に白身魚のフライを半分もらってうれしそうだった。単純です。

日記読みたいがためにスマホを早く直したい、日記読んでいるとすっごく幸せな気持ちだったし、「絶対すきでしょ!!」って書いちゃってました、でもまあ、違ったんだけど、それでも「それはすきだろ!!!」ってやっぱり、今のわたしも思っちゃうような感じでした、忘れているような幸せの記憶、探せばどれだけあることか、ああ、早く掘り出したい~~。

そんな感じで、長くなってしまった。今日も楽しい一日でございました。木曜日には携帯契約に行ける!たのしみです。それでは、また。