読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20160506:強い女

今日はずうっと前に話していた運動部の女の子と焼肉に行ってきました!!!献血も!!!!!

彼女すっっっごくいい女です、それに強い、それに気遣い力が半端じゃない、ほんとにお姉さんだからなんだと思うけれど、そのお姉さんさに甘えてしまう、順々に今日のお話をしていきますね。

~~~~~~~~~~~~

うふ、うふ、今日はもう学校が終わるの、今か今かと待ち受けながら、ようやく放課後。先生がまたもや「うーん、、、?」とはてなが浮かぶようなことで怒っていたり(彼の古風な感覚にわたしがついていけないだけなのかも)、同級生が烈火のごとく怒っているのを受け止めきれなかったり、いろいろあったけれど、焼肉のことを思えばへっちゃらでした、ひゃっほう

~~~~~~~~~~~

献血はす~~~んごく快感でした、看護師のおば、、、おねえさんやさしかったし、「ずっと楽しそうに笑っていてこっちまで笑顔になっちゃうわ!人をたのしくさせる笑顔ね!」って褒められて、まさか「快感と未知との遭遇的な楽しさわくわく感をこらえきれなくて、、、」とは言えず、「ありがとうございます」とだけ、言いました、えへ、来月から通いましょう。将来大怪我した時に自分の血と巡り合えるかもしれない!すごい快感ですよ、わ~~自分の生命が他人の役に立つ~~!っていうのを実感できます、働いて税を納めるよりも直接的でわかりやすく善行した感じがある、いや、働くことを善行と思っている人の方が少ないとは思いますが、ともかく、血を抜くの、快感です、ぜひ

~~~~~~~~~~~~

焼肉食べ放題、前回言ったとき結構サガリが血っぽくて期待していなかったのですが、おいしかった!!日が悪かったのかなあ。(レバー、、、??)って思うくらいには血でした(´・_・`)でも今日のは全然おいしかった、すっごくおいしかった、肉と米のコントラストをたのしめました(≧∇≦)きゃあ

友だちが振られた話だとかを聞いていたのですが、ほんとに強い女だな~~とおもった。わたしはお付き合いしたことがないのでお付き合いしたのちに振られるという経験がないけれど、自分だったら絶対もう二度と話せないし、かなしくて1週間くらい旅に出ちゃいそうだし、ほんと、強いなあと思った。彼女ほどのいいおんなを手放すなんて男は馬鹿です。大馬鹿だ!

と言いたかったけど、彼女の好きだった彼を否定するのはいいことではないので、やめました。しあわせになってほしいなあ~~。いい奥様お母様になってくれると思います。素敵な女です。無論、彼女の愛した彼も、きっと素敵な人なのだと思う。彼もまたしあわせになれますように。

強い!と思うと同時に自分何してるんだろ感も凄まじくて、帰り道くるり聴きながら泣いて帰りました。たのしせつなかった。桜、散る前にしっかり見られなかった、葉桜はあんまり好きじゃないのです、それもまたかなしゅうていたり。大人になったら素敵な人と巡り合えるかなあ、今だって巡り合えても掴めていないだけかあ、、、

昨日も載せた、くるりの「THANK YOU MY GIRL」の

サンキューマイガール

いつも出会った日のことを思うよ

いつだって素直になりたいんだ

本当は

が、すごい、沁みて沁みて身に沁みて、毎回こみ上げます涙が、ちょっとずつ泣く

強い女になるには、たくさん恋をしなけりゃだめですね。でも彼女のことたくさんほめられたし、この好きな気持ちをきちんと言葉にして伝えられたからよかった。

帰ってTwitterを見たら好きな男が友達の女にTwitter見てるんだからLINE返せ―!!って言ってて、彼じゃなかったらうわあって思ってたところだけど、彼なら何でも許せちゃう病で、だめなんですもう、すっごい悔しくなって、ええいと思ってリプライしたりしたら、ちゃんと返してくれて、あっもう気にしないで話しかけていいんだわ、って思いました、今日もいい日だったな!

昨日がどんな日であれ、今日「も」と書くようにしています。昨日も良い日だったような気になるからです。実際はどっちだったかなんて、今日にはもう覚えていない事の方が、多い。

好きな人たちがいない環境へ行くために勉強するのはすっごくかなしい、いつも思うことですが、もうこれは仕方のないこと、わたしがそれを拒んでも、みんなは離れて行ってしまいます。彼と決別するためにも、きちんと勉強しなきゃ、と、思います。運命がそうさせるならきっといつか彼と結びつけられる日が来るはず。今は目下の目標、彼とツーショットを撮る、それだけを目標に頑張ります。がんばる。知らないおばさんにほめてもらえるのだから魅力がないわけではないはずだ、し、知らないから褒めてもらえたのかもしれないけれど、それは目をつぶるとして。。悲しい自分とさよならです。がんばります。

明日は模試!強く生きるよ!おやすみなさい。