20160424:忘れるのは悲しい

忘れちゃうのって悲しくないですか。

今「忘れちゃうのが悲しい」でサーチかけたら、悲しいことを忘れたい、みたいなことばかり出てきて、いやいや、それは忘れたいかもしれないけど、でもでも、と思って。

今仲良くしている友だち、すきなひと、好きだった人、好きだった先生、だれそれと仲たがいをしたこと、今まであったいろんなこと、、、忘れちゃうのって悲しくないですか。ふとした時に思い出して、そんな思い出に慰められることもあるのかもしれないけれど、今起きていること、人生の時間のうち8割は忘れているでしょう、残り2割で思い出せるなら、いいけれど。。

忘れても悲しくないくらいに、悔いのないように今たくさん形に残る思い出をつくれということなのかなあ。だからみんなあんなに写真や自撮りをするのかなあ。わたしも今この17歳のきもちを目に見える形で刻み付けようとして必死こいて文章ばかり書いてます、後で恥ずかしくなっても構うもんか、と思いながら、書きまくっています、毎日毎日、そうしないとどんどん忘れて行ってしまう、忘れてはいけないという強迫観念に追われて、これも一種の自撮りなのかもしれませんね

毎日疲れて、座り込んでだらっとして、日付超えて、ああ、やらなくちゃって少しやることやって、また座り込んで、眠くなったら寝る、疲れたまま朝が来る、みたいな生活です、だめだ、きちんとお風呂にはいろう、

世界の終わりは そこで待ってると

思い出したよに 君は笑い出す 

赤みのかかった 月が上るとき

それで最後だと 僕は聞かされる

THEE MICHELLE GUN ELEPHANT「世界の終わり」です、友達が教えてくれました、その友達に、民生がこれ弾き語ってるの入ってるDVDあげちゃったんですよね、借りパクじゃないんだけど、でも少し遠くに行ってしまって、彼のほうがきっと大事にしてくれると思ったから。。全然歌詞は意味わかんないけど、なんかぐっとくる、なんだろう、ライブもすこぶる格好いいし、ロックンロールを叫んでも恥ずかしくならないからすごいなって思います、偉大だ

今聴いてたので書いただけで、特に意味はない、でもやっぱり、全部忘れたくない、恥ずかしいこと忘れたいこともあるけど、、、

写真撮ろう!の一言をきちんと言って、泣かないままお別れできるか、どうか、それだけです