20160423:いいこと悪いこと比率

今朝はおうちを出た瞬間からはげしい向かい風との戦いでした。

下り坂でもしゃかりきに自転車漕いで、太ももパンパン汗ダラダラ、寒いから鼻水ずびずび、学校ついたら時間がなくて朝ご飯が食べられず、お昼に食べたトマトは口の締まりがゆるくて吹いちゃったし、模試の最中おなかなりまくるし、受けるつもりなかった数学なぜか申し込んでて数学のテストも受けなきゃだったし、なんて日だ今日は~~~!!!って思ってたんですけど、いやいや1日のいいことと悪いことの比率は1:1と決まっているから、この後携帯屋さん行ったらいいこと起きるはず、仮になかったとしたら今日本当はわたし死ぬ予定だったけどご先祖様が必死に回避できるようにその分の悪いこと起こしてくれたに違いない、と思って、模試終わったあと携帯屋さん行ったら高畑淳子似のおばさん(お姉さんと言ってあげたいけどそこまで若くはなかったから、、、でもいい人だったよ)がすごくよくしてくれて、ほらやっぱりいいことあった、今日はいい日だったんだ~~!って思いました、今日、いい日だったよ!

最近そういうポジティブシンキングが凄まじくて自分にひきます。でもそれがほんとになったりするからすごいです。

実際いいことと悪いことは1:5くらいなこともあるけど、5が先に起きちゃえば一日の終わりはいいことで終われるから、というか、1個でもいいこと起きちゃえばその日は健やかに終わることができるし、1日1個もいいことがないなんてまあないんですよね。あったらたぶん、ほんとは死んでたんだと思う。でも神様あるいはご先祖様が助けてくれたんだと思います。無宗教だけど。都合よくてごめんね神様。。

明日は講習、あ~~勉学に励まなくちゃ。携帯屋さんのおばさんが「若いうちにいろいろ見ておくためにお金を使うのは惜しまなくていい」って言っていた、ありがたかったけれど、わたしも勉強しなくちゃね、今日もなにもしてない、ひえ~~

がんばります。まずは携帯、ちょっぴりたのしみです