20160418:恋文その2

げんきですか、けがはしていませんか、ご飯は食べていますか、あたらしいクラスはどうですか、食欲はありますか、ええと、ええと、毎日たのしいですか

定期的にすきな男に聞きたくなる、今日も見かけたけれど、ともだちと楽しそうにしていたからよかった、よかった

最近忙しくって全然、気にかけていなくて、あ~~こうして忘れていくんだな、と思ったり、そんなタイミングで興味なかった男からLINEが来るようになったり、結構そういうの揺らぎがちな女なので、尻軽みたいだけど、わはは、男から連絡あるなんてそうそうめったにないからさあ

でも尊敬できるところなんて全然ないんだよそういう人には、よく知らないっていうのもあるけど

今日学校からの帰り道、歩きながら、今押している自転車、彼がよくいたずらで乗ってたな、とか、この荷台に彼のリュック載せたな、とか、わたしが今日着てたジャージの上、彼に貸したらすっごくちっちゃくておもしろかったな(体格の差を感じてどきりとした)、とか、そんなことばかりおもいだして、かなしさこそなかったけど、なんだかさみしかった、かなしいとさみしいは結構、違うと思う

こうやって日々のあちらこちらに残り香をこすりつけて彼はわたしの近くからいなくなっちゃったけど、突き放したのはある意味わたしだったけど、なんか、わたしが馬鹿だったのかなと思って、完全に両思いだと思ってたから、わ~~~そうだったんだはずかしい、って思った、普通は「こいつわたしのこと好きだな!」って思うレベル、もっと高いみたい、でも今同じことされてもきっとすきになっちゃうな

彼ELLE GARDEN好きで、ウォークマン借りてアルバムiPodに入れたんだけど、エルレ聴くたびに彼のこと思い出すしこれからもきっとそうです、割と永久に、カラオケで勝手に入れられたMake a Wish、聴くたびに悲しくなるスターフィッシュ、彼がすきだったロストワールド、”君の手が今も暖かく 君の目が今も綺麗なら ただそれだけで僕は笑う”、彼の好きだった歌詞、たぶん、あれ、何で知ってるんだろう、ほんとかな、怪しくなってきた

今もきれいなもの見るとあ~~一緒に見たかったなと思うし、スーパーでおいしそうなもの見ると彼は好きかなと思う、コンビニのたまごサンド、具が新しくなったらしいよ、でもたまごサンドだからたまご以外入ってないよね、産地が変わったのかな、どう思う、って聞きたくなる、げんきだろうか、かなしくなったりしてないだろうか

わたしじゃないからそんな頻繁にかなしくなんかならないか、元気なはずだ、元気に違いない、と思っていると案外知らないところで悲しんでいたりする、そんなの微塵も感じさせないのに、突然怒られたってわからないよ、わかってあげられなくてごめん

彼の素敵さをこんなところでいくら書き連ねても彼には一つも届かなくて、こうしてぐずぐずしていると「悩んでたらかわいさが減っちゃうじゃん」っていう彼の言葉がどこからか聞こえてきて、慰められてばかりだ、しかも彼のいないところで、いたところでも慰められてたけど、ごめんね、ありがとう、ありがとうのほうが先だ、ありがとうをもっと言わなくちゃいけない、ありがとう、と、しあわせになってくれ、と、あなたとならスーパー、楽しく歩ける気がする、も言いたい、ぜひ

好きだっていうからaikoの曲練習したのに、aiko歌おっかって言ったらすごいうれしそうな顔したから練習しておこうって思ったのに、披露できないまま、あなた以外の友達にばかり披露している、桜の時、ずっと、たぶんこの先も、聴かせられないままだ