20160409:"好き"の発信

前記事と言い今日は好き好きデーみたいだけれど、好きの発信ということについて考えてみました。

 

Twitterに素敵な絵師さんがいて、その方の描く絵や物語がとっても素敵で、実は私の好きな男に彼女の描くキャラクターが似ていることも若干、加味されているんだけど、純粋に素敵で。

いいねやRTっていう気軽な好意の発現場所がTwitterには用意されているから、なかなかリプライだとか直接の言葉で「好き」を言うことってないと思うのね。でも、言われたらすごくうれしいでしょう、わたしも「あなたの文章好き」なんて言われるとすごくうれしい!ブログの文章はあんまり、うまく書けている意識がないので、ちょっとあれなんだけど。

だけどそれって結構勇気の要ることで、友だちならまだしも、一方的にフォローしているだけの方だし。。結構緊張した。なんだかすごく低姿勢になってしまった。だけど言えました。きちんと。それにすごく喜んでくれた。好き、と言うことに後ろめたさなんて感じなくていいんだよね、すみませんなんて言わなくてよかったんだわ。

 

今日から個人的に、『「好き」を気軽に言おう、表わそう週間』にしようと思います。

な、なんか文字にするとこれ途端にちょっとはずかしいね。でもこれってすごく大事だと思うな、誰彼構わず言えってんじゃなくて、男女問わず好きな人、素敵だと思う人、もの、ことに、好き、素敵と言うって、意識しないとわたしはなかなかできなくて。自然にぽろりと出ることもあるんだけれど、相手が大事であればあるほど、妙に緊張して出せないことが、多々あります。でもそこでぐっと頑張ったら、喜んでもらえることが多い。人に喜んでもらえるのはとってもうれしい。少なくともわたしは。

 

手始めに明日は、さっき記事にした好きの気持ちを滲み出させてみよう、ねえねえ、最近面白い本読んだんだけど、よかったら読まない?と、声かけてみよう、そうしたら直接話せるし会いに行ける、こっそり買ったおみやげの鳩サブレだって渡せる、最近食べたレタスのお味噌汁のこともメモにして挟んでおこう、おいしいからぜひ試してみて、って

 

うまくいくって考えたら何もかもたのしくなります。今日の私はかわいい、グロスをひくとなんだか綺麗に見える、負の気持ちを一気に出したら、なんだか唐突にすっきりして、明るい考えが浮かぶようになりました、今、この、数時間で

 

ここまで読んでくれてありがとう。よかったらあなたも『「好き」を言おう週間』、試してみてくださいね。それと、レタスのお味噌汁も。おいしさのひみつは、直前にレタスをいれること、ですよ。