読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20160403:東京旅行Day1

何日か前のブログに書き残したまま連続更新は途切れていたのですが、東京旅行に行っていました。トラブルにまみれた旅行でしたが、たのしかった。

この後にも書きますが、なんと東京の宿でトイレ(しかも用足し済み)にスマホをダイブさせてしまい、ひどい目に遭いました。今もわたしのNexusくんは深い眠りについています。幸いメモを持って行っていたので、向こうで感じたことをそのまま書き記していました、今日はそれをまとめて更新します。

東京旅行Day1

スマホが水没してしまった。トイレの便器に落とした。ショック。大ショック。何がショックって、便器(用足し後)に落としたのもそうだけれど、スマホを落としたくらいで激しく取り乱している自分にショック、そりゃやり取りしていた人もいるし、困ることもないではない、音楽も聴けない、iPodの充電器も持っていないギリギリだ

精神を持たせる術は本のみ、2冊のみ

トーキョーの街はスタイリッシュすぎた、お洒落が行き過ぎていてどこからがお洒落でそうでないのかわからなかった、蝶ネクタイにシャツ、タイツ、半ズボンの出で立ちがお洒落だと感じられないあたしが悪いのかと思った

どうして遊びに来ているのにこんなに悲しい、作ったブレスレットは馬鹿高くしかもチェーンに固定できなかった、あたしはこの旅で好きな男にLINEをしようとしていた

''東京は桜がきれいです、あなたの行く街は田舎かもしれないけれど東京よりもずっとすてきな街だと思います''って言いたかった、私の恋は叶わないよと、神が言っているのか、そしてあたしを帰りの飛行機で殺すのか、明日直しに行ってみます

仮にLINEがだめになってもかつ度はたぶん、ある、はず

スクワット今日はサボりました。旅行中には無理かな、また最初からです。ああ。

でもこんなに大変で落ち込む日だったのだから、明日はきっといいに違いない、思ったより安価で済んで無事すきな男ともお話ができるに違いない、東京の孤独にあたしを置き去りにしないでほしい、東京は孤独が色濃いから人をさみしくさせてしまうのだと思う、だから男と女のカップルが多いのだと思う

 

隅田川の水面に映る光の揺らめきは、まるで東京の人のようで、孤独に耐えられなくて誰かと一緒にいようとして、その誰かを探しているみたいで、死者が閻魔様の裁きを待っているようにも見えた

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この日は渋谷原宿に行ったんですが、人の多さと「俺お洒落だろ?」みたいな人の多さでグロッキーになってます、宿が浅草だったので隅田川が目の前に見えたのですが、光だけを見ていると亡霊の魂みたいに見えてこんな詩的なこと書いてました、東京の街はこわいですね、Day2につづく

hotoke-no-face.hatenablog.com